LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 07/24:リルミー

  • 07/22:まい

  • 07/18:リルミー

  • 07/18:リルミー

  • 07/18:リルミー

  • 07/18:まい

  • 07/18:まい

検索フォーム

QRコード

QR

200本のバラをまとって。
ここのところ、ローズの精油を使わせていただきたい、そう思う事が多かったです。

アロマの女王とも言われる香り高い『ローズ』

このローズには『何かを失った時の喪失感』にポッと炎を灯し、埋めてくれる、そんな力があるそうだ。

『何か』 様々な何かがある。

それは、駅に置き忘れた傘だったり、どこかに挟んだはずのメモだったり、
そんな単純なものから、

プライベートも家族をも犠牲にしてがむしゃらに頑張ってきた仕事だったり、

自分の身も心も時間も全て捧げてきた愛する恋人だったり。

心だけじゃなく、体の一部であったり。

そして時に、大切な誰か、家族や友だったり。


誰でも大切な『何か』を失った経験があると思う。

何かを失うのはとても怖い。

その温かさを、優しさを、安心感を、確かな存在感を感じていればいる程、
大切に思っていればいる程、失った時の喪失感は大きい。

大きすぎて、受け入れられなくて、時には直視できなくて、

『これは現実なんかじゃない』

そう思ってしまうことさえある。

DSC01082.jpg

失ってしまった後も、記憶はそのまま残っているから、少し背伸びをすればまた手が届くんじゃないか?、またその温度を感じられるんじゃないか?その前にこれは夢なんじゃないか、と。

DSC01091.jpg

永遠のものは無くって、揺ら揺らと危うくて、いつかはさよならってわかっているけれど、心構えをしていても、失う事はいくら胸ぐらをギューっと掴んで絞っても苦しいのに、

突然のさよならは。


そんなにまで大きな出来事に直面した時は、何をしたって、もちろん香りを嗅いだからといって、到底大丈夫。そう思えるほど簡単なことじゃない。

あまりに大きな何かを受け入れるのには、やっぱり時間が必要だと思う。

それでも『ローズ』に小さな灯をともす力が少しでもあるのだとしたら、
それは失った『事実』と向き合うよりも前に、
その暗闇の中にいる『自分』の足元をぼんやりでも照らしてくれるもの。

悲しい自分も、泣き倒したい自分も、何もしたくない自分も、そんな時でさえ普通に何事も無かったように笑ってみせる自分も。

そんな自分でもまったく構わないんだよ、と。
そんな『ありのままの自分を肯定』してくれる香り、だと思う。

そのうちに、自分だけのペースでゆっくりゆっくりと進んで、足元だけじゃなく『こころ』の中にあかりが灯って、揺ら揺らしていた景色が、少しずつ落ち着いて見えてきたら、ちょっとだけまた以前のペースに近づけていったらいい。

DSC01094.jpg

ローズの精油をたった1滴採るのに、バラの花びら60~200個が必要だと言われています。

きっと自分と同じ理由でアロマに興味を持たれたのかな、と思った方に

『バラ風呂はご用意出来ませんが、今日はバラの花を200本まとって帰ってください』

そうお伝えしたら、その日1番の笑顔を見せて下さった。素敵な笑顔でした。

合計で5滴ほど使わせていただいたから、1000本のバラですね。

201005241539000.jpg

ローズの香りを感じる瞬間、それぞれの女性が、
それこそ『頬を薔薇色に染めて』幸せ色に包まれるお顔を見ると

『ローズばっかり使っていたら、あっと言う間にサロンは潰れちゃうなぁ』

だけれど、値段とかじゃなく、その時、その瞬間、その人に合った香り。

必要としてくれる方の体の隅々まで、精油がめぐって、働きかける。

『その人の感情に関係なく』精油の力は働きかける。

無理に頑張れない時の本人にも気づかれないように、そーっとこっそり、ちゃんと働きかけてくれる。


昨日の朝は、わたしも珍しく迷い子の様な気持ちになる出来事があったけれど

開店と同時にローズウォーターをプレゼントに2本買いにお客様が立ち寄ってくださった。

お買い物の間、3回程『わたしも元気出そうっと』。そう呟かれていた。

自分と同じように何かあったのかな。。。と思ったと同時に

そんな時でさえ、誰かが喜ぶ顔を見るために、プレゼントを買いに来る。

そんな気持ちがすごいなぁ、と言うか、おおきな広い人だと思った。


『ローズ』は空っぽになった心に炎を灯した後、 
『確かに愛されている』そんな栄養をハートに与えてくれる。

お誕生日に旦那様からのプレゼントとして全身トリートメントをしてくださった方に、

『旦那様からの愛情をあらわす香り』としてローズを使わせていただいたら、

『夜までずーっと、とても幸せな気分が続きました』 

そんな素敵なメッセージをくださった。


皆さんのことを思い出しながら、ローズウォーターを買ってくださったお客様をお見送りした後、わたしもローズウォーターのミストをこれでもかっ!というほど浴びて、ティッシュにローズを1滴落とし、深く呼吸をしてみた。

スーッと感情が冷めた。冷めたのに、あたたかい。

情熱のパッション、とまでは行かなくても、確かにその瞬間満たされた。


ばら

抱えきれない程の1000本の薔薇、なんて望みはしないけれど、

たった1本の薔薇でも、そこに確かな愛情が感じられたならば、そのロマンチックな香りは何年経っても記憶の片隅に残る。

何でもない日に薔薇の花を1本プレゼントする、そんな男性が増えたら、この世はもっと愛で溢れるのにな~♪なんて思ったりする今日この頃です。



スポンサーサイト

コメント
偶然か・・・?!
ミカちゃんからいただいたアロマポット、オフィスで活躍しています♪
今年に入ってから何度かアロマオイルを買いに行ったんだけど、なぜか毎回ローズ関係を選ぶのよ。
サシェ(クローゼットとかに入れるニオイ袋)も、いつもローズの香り。誕生日にいただいたカップにも薔薇の絵が。
無意識のうちに、この心の空虚感・喪失感を埋めよう、埋めなくては!って思ってるからかな?なんて、この日記を読んで感じました。 
無理に「早く元気にならなきゃ!」って思わないように、マイペースで行くよ。 ローズの力も借りて、、、
と言いたいところだが、実は今、スギ花粉のせいで両方の鼻穴が詰まってて、さ~っぱりニオイがわかんないんだよね~!!!
どせばいいべ?!
[2011/03/09 23:22] URL | Umi #- [ 編集 ]

Re:Umiちゃんへ
うん、うん。そうだね。
ゆっくり、ゆっくり、ね…。
鼻づまりには
『ユーカリ』『ペパーミント』『ローズマリー』
辺りがオススメです♪

『レモン』や『ティートリー』も爽やかな気分になれるかも(o^∀^o)

花粉症対策のハーブティーも今から飲みはじめてるよ♪

でもやはり最後の奥の手は両方の鼻穴にロケット状態で、ティッシュ詰め込んじゃうコトですかね。。。
お大事に~(^_^)/~
[2011/03/10 07:13] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/03/13 22:11] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/145-44433ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)