LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

「大丈夫」「ありがとう」
先日の休み3月31日は岩手県奥州市にある『正法寺』へ足を運びました。

DSC04006.jpg
ご本堂は国指定重要文化財で、日本一の大きさの茅葺屋根です。

DSC00409.jpg
『冬の正法寺』

ここへ来るのは1年ちょっと振りになります。

去年のちょうど3月31日、わたしは3年間サロンをしていた岩手県南の温泉に別れを告げました。

その間、心の静けさを求めた時、数回お世話になっていたのがここ『正法寺』です。

正法寺に通うようになったのには、こんな訳がありました。

ある大雪の日のことです。
正法寺の修行僧の方々が年に一度の寒行托鉢を終えられた日に、わたしのサロンがあった温泉にそれまでの疲れを癒すため、束の間の休憩にいらしてました。

その日はあまりの雪の量に館内にはお客さんがいなくて、当然ウチの店も暇で。
わたしは温泉の食堂で書き物をしていました。

すると1人の僧侶の方が話しかけてきたのです。

『こんなところで何をなさっているんですか?』
『暇なんで、勉強してました。のフリしてました。』

『生まれはどこですか?』
『青森です。』

『わたしも青森だよ。青森のどこですか?』
『青森市です。』

『わたしもだよ。青森市のどこですか?』
『○○です。』

『わたしも○○だよ。だったら小学校は△△小学校。中学校は××中だね?うちの息子達もなんだよ。』

僧侶の方のお家はわたしの通学路で、息子さん達とは学年は違えども、同じ時期に一緒の学校で学んでいました。
この田舎の温泉でこんな偶然に巡り会うとは・・・。

『なんで津軽の子がここさ1人でいだんだ?』

そう尋ねながら、わたしの顔をじーっと見つめました。そして返事を待たずに、こう言いました。

『たくさん、いろんな事があったね。
 でも大丈夫。あなたの幸せ、私が運んできてあげるよ。
 だから大丈夫。』


涙が止まりませんでした。嬉しかったというよりも、安心しました。

幸せがどうのこうのじゃなく『大丈夫』この言葉に。心の底から。


その頃『自分は生きているだけで幸せなんだから。』

そう思っていました。

この3週間余りの間、電話やメール、お店でもニュアンスは少し違うかもしれませんが、このような言葉をたくさん聞きました。

『被災地の方を思うと、自分は温かい部屋にいて、不自由がないんだから。
だから・・・』



人は予期せぬ経験をした時、今までの概念や考え方をゼロから見つめなおしたりします。

『人はどうして死んでしまうんだろう。
 死んだらどこへゆくのだろう。
 どうして自分は生きているんだろう。』

答えを求めて、探し続けます。なぜなら、自分は生きているからです。
生きているから、死んでしまった後のことはわからないから、必死で答えを探します。

そんな時どんな学者が書いた本よりも、1番心を救ってくれるのは

『ありがとう』とか『大丈夫だよ』なんじゃないかと思います。

本屋に行けば平積みで並んである言葉。ある人に言わせれば(安くさい)そんな言葉かも知れない。

でもそんなシンプルな言葉に何よりも救われた。


今回の震災でも、わたしはこの『大丈夫』の言葉に助けられました。

札幌のお客様からの電話でした。

『札幌は買占めも無いし、いつも通りです。
だから大丈夫、こっちは大丈夫ですよ!困ってる事、思ってる事があったら言ってください!』

わたしは胸の内を話しました。電話越しにカウンセリングを受けている気分になって、自分が不思議と子供に戻った感覚になりました。きっと、もしお客様が

『こっちはいつも通りで申し訳ないです。』

そう話されたら、打ち明けられなかった。

『大丈夫!』

そうはっきり力強くそう言ってくれたから甘えることができたんだと思います。


今、日本中の方が

『自分には一体何が出来るんだろう』そう考え、時には

『何も出来ないことが悔しくて、申し訳ない』そんな気持ちになってしまう時があると思います。

わたしも悔しいです。このマッサージベット担いで、足湯のタライ持って、マッサージしに行けたらと思います。
けれども今はやらなきゃいけないことは他にもあると思って毎日を過ごしています。

支援は長期に渡って必要となるそうです。

『本当に長丁場になる。10年、いや20年になるか・・・。』

被災地に足を運んだ方々は口を揃えて皆さんおっしゃいます。

『今・直接』出来なくても、『節電』や『買占めないこと』今も出来ること、みんなで既にやっている事はいっぱいあります。

そしてこれから長い時間の間に被災された方へ更に近く、自分にしか出来ないことを出来る機会がやってくると思います。

その時『何も出来なくて申し訳ない』よりも

『大丈夫!』

そうハッキリ言える、誰かを受けとめられる自分で居ること、そうなれることも、
『今出来ること』なんじゃないかと思っています。

何も出来ないことへの(言い訳)かも知れません。

けれども自分が大丈夫じゃないと、誰も助けられないと思います。

上から目線とかではなく、自分も含め同じように思っている方がたくさんいるんだなぁと、この場所でお話を聞かせていただいて思いました。

もしまだ自分を責めてしまう方がいらっしゃったとしたら、自分を責めずに、今だから今まで以上に自分を可愛がってあげて欲しいと思います。

自分の好きなことをして欲しいと思います。


洋服が好きな人は、春色の洋服を買ったり。

音楽が好きな人は、弾いたり歌ったり。聴いたり。

料理が好きな人は、誰かのために美味しいケーキを焼いたり。

絵が好きな人は、 優しいパステル色で桜を描いたり。

アロマが好きな人は、一緒に楽しみましょう♪(ちょっと宣伝ですっ!?)


春の歓送迎会を自粛していると県外のお客様から聞いたとき、同じ事をお話しました。

お酒好きな人は、飲んで食べて、経済回してくださいっ!いつか三陸の高級海の幸が採れる様になった時、日本中の人が買える位に!!

お客様は『月曜日職場に言ったらみんなに言います!』そう言って下さいました。


わたしが言えば
『こいつ、何も出来ない事へのタダの言い訳か?』なんて信用度が低いかもですが、

昨日来て下さった臨床心理士のお客様も『自分を大事に』。
そう同じ事をおっしゃってくれたので、どうかわたしのホラ吹きだなんて思わずに(笑)自分を必要以上に責めずに、優しくしてあげてほしいなって思います。

DSC04029.jpg

『生きてるだけで幸せなんだから』 そんな思いから、

『今、自分はここに居てもいいんだ』 そして

『今、自分はここに居る』

そう思えるようになったのは、そう思わせてくれたのはマッサージ後に掛けてもらった、数え切れないくらいのお客様からの

『ありがとう』でした。

自分の好きなこと、元気になれることをする。

マッサージが好きなわたしは、マッサージが出来るように。

明日も自分に出来ることをやっていこうと思います。

目の前の大切な人に、いつか自分を必要としてくれる大切な人達に、そして自分に

『大丈夫』そう言えるように。

長い道。きっと想像もつかない位。
微力でも綺麗ごとでも、1人1人が元気でいることが、近くに居る人を元気にして、それがつながっていく。
一番の近道だと思います。

泣きたい時は我慢し過ぎないで時には泣いて。
その後また少し元気になって。
進んでいきましょうね。

DSC04028.jpg

スポンサーサイト

コメント

ほんと、自分が家を流されたわけではないし、家族を失ったわけでもない。幸いにも、気仙沼の大事な知人も元気すぎるくらい元気でいることも分かった。いつも通りの状態でいることが、きっと周りの事も幸せにしますね(^.^)
ただ、やはりそう思うまでには私の場合時間がかかりました。周りのようにすぐには切り替えられなかった。偽善かもしれないけれど、それがしょうがなくも自分なんだと思いました。
避難所の人達も、前に進もうともう前向きになっている人も多いかもしれない。けれど、まだまだ悲しみに暮れている人もいて、それでいいと思う。人それぞれ必要な時間は違うのだから、自然と大丈夫と言えるようになる時を待てば良いと思う。

自分なりに何かしたいと動いてくれる友人がいることや落ち込み過ぎる私を見守ってくれる(文句も言わずほっておいてくれる)家族、自分のしたいと思う仕事があって、いつも通りバタバタと何とか楽しくやれるようになりました。
人が生きてると思うことは、生としてと精神としてとあると思う。
だから、避難所の人達にも生きているのその次に、仕事ややることがある生活を送ってほしいなぁと思います。

リトルミーさんでケアを受けた後は、どんだけ~!?ってくらい眠れる・・そして次の日、ぴっくりするくらいスッキリしてます♪
この感じがくせになって、ケアを受けたいがために仕事を頑張って疲れを貯めたいくらい(笑)本末転倒!?
私にとってケアを受けることが、自分を大事にすること。フラットに戻すことにつながっています。

それぞれが、自分らしく、出来ることを♪
(ものすごい長文になってしまいました・・)
[2011/04/05 20:08] URL | あい #S7qNvXQM [ 編集 ]

言葉は大切
考えさせられます。『大丈夫』『ありがとう』の言葉は大切なんだな。
素直にそう思いました。
『生かされている(生かされた)私たちは、精一杯生きていかなければ・・・亡くなっていった人達に申し訳ない。』
と何年か前にテレビのドラマで言っていたのを思い出しました。
選抜高校野球の選手宣誓でも『生かされているという事を感謝し・・・』
実際その通りです。生きているだけで感謝です。
最近は『今出来ることをやっていこう(する)!!』と思うようにしています。
落ち込んだ時は、外に出て、上(空)や周り(景色)を見てみようですね。
自分もそうしています。深呼吸もした方がいいんだっけ(^^;
自然や周り人が色々教えてくれますよね。癒されますし・・・。
明日からも上を向いて、周りをみて、生きていくぞ!!
[2011/04/05 21:31] URL | いっちゃんねる #- [ 編集 ]

Re: あいさまへ
わたしもあいさんと同じです。
切り替えなんて、直ぐに出来てしまうようなことじゃないですよね・・・
未だに浮き沈みの毎日です。

でも、ここで皆さんからモリモリ元気を頂いてるので、それを腐らせちゃあイケませんもんね!
新鮮な内に次のお客様に届けるのが、今出来ることの大きなひとつだと思って仕事をさせて頂いてます。

この間のトリートメントに引き続き、あいさんのコメントでまたおっきな元気もらったので、今のわたしは鮮度ピチピチであります(笑)

美味しいチョコレートを友人から頂きました。女の人が無条件でニコっとしてしまうくらい、とびきり美味しいシロモノでございます。栄養補給にお近くにお越しの際はパクッとしに来てくださいね♪

余震が続くあの時も、その前も、その後も。いつも『ありがとう』ございます。

[2011/04/06 15:48] URL | リルミー #- [ 編集 ]

Re: いっちゃんねるさまへ
わたしもそんな風に力強く言えるようになれたらいいですが。
自分なりに考え、日々を過ごしてゆきたいとおもいます。

肩の力を抜かないと自分も周りも疲れてしまいますし。
今日はお日様が暖かいので、それだけで少しゆとりが出ます。太陽の日差しがありがたいです。
[2011/04/06 15:58] URL | リルミー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/155-e9fe0d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)