LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

  • 07/22:まい

  • 07/18:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

天国への坂道 ~平泉~
岩手県『平泉』が世界文化遺産に決まりましたね。

初めてこの地を踏んだのは20年前、中学2年生の修学旅行最終日でした。

その時は夢の国ミッキーマウスと連日の夜更かしトークで体力も残っておらず、

『寺はいいから、どうかバスで寝かせてください・・・』そんな感じでした。

意識もうろうのまま中尊寺を見学し、やっとこさご飯の時間。

さぁ、食べるぞ!と弁当の蓋を開けたら・・・

『餅しか入っていないではないかっ!!』

・・・そう、平泉はお餅文化の地でもあったのです。餅御膳を平らげながら、わたしにとって平泉の思い出は

『米をください。寝かせてください。』ぐらいしかありませんでした。

月日は流れ、20年後その平泉から車で30分程の場所に移り住むことになろうとは・・・。平泉を通るたびに『人生ってわからないな。』そう思っていました。

そして半日掛けても足りないくらいゆっくり散策を楽しむ自分に

『歳取ったなぁ。いや、大人になったんだなぁ・・。』そう思ったりしたのでした。


2011年冬『中尊寺』
DSC03588.jpg

DSC03591.jpg


DSC03590.jpg


DSC03598.jpg

DSC03593.jpg


DSC03607.jpg

世が世なら、ここが今の東京だったかも知れないんだよなぁ。
この様な片田舎にこれだけの黄金文化が残っている。それが平泉の素晴らしさであり、浪漫さえ感じるのであります。


続いて『毛越寺』
DSC03627.jpg

DSC03628.jpg

DSC03634.jpg

DSC03635_20110626125033.jpg
今はあやめ祭りの頃でしょうか。緑の庭園にも一度行って見たいです。


季節は変わり、5日程前たまたま平泉へ行ったばかりでした。
他に用事があったので、夏の中尊寺や毛越寺はまた時間のある時にゆっくりと・・・。

急ぎ足で賑やかな通りとは別の、小さな路地裏にある平泉を知りました。

その時出会った景色を思い浮かべながら、一昨日はトリートメントをしていました。

DSC04489.jpg

すると、トリートメントを始めてすぐ、お客さまがこんなことをおっしゃいました。

『こうしてやってもらってると、天国にいるみたい・・・。
 白い何か・・。高い木々の緑の間に、青い空と白い雲?が見える。
 山もあって、どこか片田舎みたいな・・・。
 天国かも、天国ってこんな感じなのかな・・・。』


この日のブレンドはハチミツレモンのような『メリッサ』に『ペパーミント』
ラテン語で海の雫という意味をもつ『ローズマリー』

そして最後の最後に急遽1滴加えたくなったのが『サイプレス』 
ヒノキ科で清々しい松のような香り。ラテン語で『永遠に生きる』と言う意味を持ちます。
宗教や神聖なものと関わりが多く、死後の生の象徴とされています。

トリートメントが終わった後、デジカメでこの景色をお見せしたら、驚くこともなく

『そうですか、今日はなんか不思議な体験したな。そして、やっぱり天国でした。』

そうおっしゃっていました。

わたしも驚くというよりは『そうかぁ』という感じでした。
香りとイメージ、そしてトリートメントでお客さまと一体になれる・・・。
わたしも幸せでした。


5日前の平泉の眺めは、半年以上前に出会ったこの景色に似ているなと思いました。

DSC02643.jpg

とある秋田の景色です。

この場所に出会った時に思いました。

『もしも極楽浄土という場所があるのなら、こんなところなんじゃないか・・・。』

朝行ってきますと出掛けて行って、夜ただいまと帰ってきてくれるのは当たり前のことじゃなく、それだけで毎日が奇跡。
天国に逝ってしまった、大切な事を身をもって教えてくれた人達を思うとき、この景色が浮かんでくることがあります。

平泉もまた『争いのない平和な国の象徴=浄土』を求め創られた国なんですね。

悪があるから、善もある。この間ご夫婦でお見えになったお客さまがそんなことを教えて下さいました。

嫌な事も、耳を塞ぎたくなったり、目を覆いたくなることもあるけれど、だからこそ見えてくるものもあるのでしょうか。

そんな中、わたしが見えたのは人の真実のあたたかさでした。


DSC04486.jpg

こちらから見れば下り坂。けれども向こう側から見れば上り坂。

一見下りの方が楽そうだけど、上り坂の方が好きです。

(30過ぎると膝にくる、という理由もありますが)

何が待っているかわからない坂を上りきった後には・・・

時々こんなご褒美が、景色が待っていることがあるから。

DSC04487.jpg
『義経最後の地から望む景色』

そして坂の途中で巡り合う人達と声を掛け合いながら、時には誰かと手を取り合いながら進んでいった先には、きっとキラリと光る美しい何かが待っているから。

DSC04488.jpg

平泉・世界遺産登録、おめでとうございます。

スポンサーサイト

コメント
もち、『餅』です
中尊寺と毛越寺には2年ほど前に行った事があります。
特に覚えているのが毛越寺の中のお店の『餅』です。
小分けされてて色んな味が楽しめました。美味しかったです(^^)
またいつか行って食べたいと思っています。
世界遺産登録おめでとうございます。
雨で足元が悪いのでこけたりしないで下さいね(^^)
[2011/06/27 21:54] URL | いっちゃんねる #- [ 編集 ]

Re:いっちゃんねるさまへ
毛越寺のお店はいい味出してますよね。
私は冬に行った時ポケットに入れていた千円札を落とした事が思い出です(笑)
お賽銭ということですね、きっと。
夏の庭園にも行ってみたいと思います。。
[2011/06/28 22:52] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/195-739050bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)