LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

  • 03/19:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

膀胱炎とアロマセラピー
今日も暑い1日でしたね。

トリートメントの際には顔中の毛穴から汗がじわりじわりと噴き出し、ひとり岩盤浴状態でした♪気持ちイイ~!

アゴに汗がつたってくるので、ダチョウの上島さんみたいにほっかぶりをして施術をした方が良いのではないか??という気すら覚えました。

けれどもこれ位の室温がお洋服を脱ぐお客様には丁度良いのです。

去年の9月末の日記には

『寒くて寒くてしょうがない。ストーブをつけてしまった・・。』との文字が・・。

あっと言う間に夏が通り過ぎる北東北のアロマサロンとって、寒さを気にせずトリートメントが出来る短いこの季節はとても幸せです。


とは言ったものの・・・。外は本当に暑い!

皆さまは体調を崩されてはいませんか?

お客様や周りでも、今体調がガタッと崩れて疲れが出てる。と言った声も少なくはありません。

そんなワタシもその1人でありました・・

抗生物質を体に入れたのは何年ぶりでしょうか。

(もやしっ子?に見えて無駄に元気だけが取り柄なのに。)

そしてこの病気も何年ぶりでしょうか。

・・ハイ。『重度のボーコーエン』になっておりました。。。

何かお腹引きつるように痛いな~と不安が募り、思い切って婦人科に行きましたところ、先生からの思いもよらないお言葉にビックリ。

『オシッコの数値、すごいことになってるよ』

マジっすか・・・!?
だって土日挟んで病院にすぐ来れなかったんだもん、グスン。(言い訳)

疲れがたまって、免疫力が下がるとなりやすいこの膀胱炎。

思い当たる節・・・ありました。

ここ最近の余震で3時、4時に目が覚め、睡眠リズムはメチャメチャ。

体内時計が狂うと食事のリズムもバランスも乱れがちに。

おまけに生理後と言うこともあって、バイキンマンに負けちゃったのですね(悲)

もともと遺伝で、疲れると喉と泌尿器科系にくることはわかっていたので納得。

そう言えば最近足のくるぶしにも熱を持っていたもんなぁ。

くるぶしは女の人の大事なトコと繋がっているとリフレクソロジーでは考えます。

ん~、足ってやっぱり奥深い・・。そして面白い。


抗生物質を飲んだからかは分かりませんが、頭痛やダルさを感じました。

そして何よりも排泄痛によるストレス。トリートメント中にオシッコ行きたくなったらどうしよう!というストレス。

無駄に悩んで自分で二重にストレス作ってどうするんじゃいっ!って感じでした

けれども不思議です。

お客様とお話したり、トリートメントさせて頂いてる間は、全く痛みも尿意もピタッとキレイサッパリ忘れてました。

コレには心底ビックリです。

いつも健康が当たり前でしたが、ちょっぴり調子を崩して改めてアロマのありがたさを実感した1週間でした。

そしてお客さまから頂く力も・・・。ありがとうございました。


家ではお医者さんからのお薬に加え、ここぞ!とばかりに代替療法アロマセラピー、リフレクソロジーの出番です。

寝る前にセルフリフレクソロジーで泌尿器の反射区を中心に足裏を刺激。排尿機能を高めます。

更に膀胱炎に良い精油をブレンドしたバスソルトを作って、お風呂で温めました。

DSC04728.jpg

『膀胱炎におすすめの精油』
☆ティートリー・・・『おシモの具合にはティートリー』という位感染症には頼もしい味方です   
☆ベルガモット・・・オレンジよりも甘くありません。気分も調整してくれます
☆サンダルウッド・・白檀です。古代より泌尿器系の感染症に使われてきました 
☆シダーウッド・・・鉛筆のにおいがします。白檀同様、古代より愛される神聖な香木

中でも『ティートリー』はオーストラリアの先住民達が感染症や皮膚の治療に利用してきました。
第二次世界大戦でも傷の手当てに用いられました。

きっとオーストラリアの先住民は自然と話が出来たのではないでしょうか。

ティートリーには

『自然を感じよう。自然からのエネルギーを受け取ろう。』

というメッセージが込められているのだそうです。

DSC04727.jpg

そんな中、お客様がわざわざ『白神山地』のCDを送ってきてくださいました。

ブナ原生林に響き渡る小鳥のさえずり、小川のせせらぎ。マイナスイオンの滝の音・・。まさしくティートリーの持つメッセージそのままの世界でした。

音楽の中で、フレッシュグリーンなティートリーの香りを深く吸い込んでみます。

扇風機の風が滝からのヒヤっとする涼しさを演出するのに一役買ってくれました。
フフフ、我ながら安上がりな女です♪


久々の膀胱炎になって思いました。
被災地ではトイレを我慢したり、お風呂を我慢したり、女性ならではの大変な思いをした方も少なくはなかっただろう、と。

そして、『アレ?何か変だな。』と思っても我慢し続けなきゃいけない状況もあったのではないかと。

人には言いにくいデリケートな痛みや、痒み、不安感。
簡単に病院へ通う事の出来ない状況で、我慢している女の人がいませんように・・。

精油は日本では薬じゃないし、病気になったらお薬第一です。速攻治すのが先決です。

けれども、薬と一緒に気分と症状が軽くなるための手伝いはアロマセラピーにも出来ると思うのです。

自分がアロマセラピーに出会ったキッカケもそうでしたから。

お風呂に中々入れない状況の時は、洗面器にお湯を張って、精油を数滴落としお尻をつける『座浴』も良いと思います。

マッサージオイルで下腹部を優しくマッサージするのもお腹が温まって良いです。


DSC04730.jpg

ここ最近直接やお手紙で

『トリートメントの後にくれたブレンドオイルの小瓶。もったいなくて少しずつ少しずつ使ってるんです。』

そんなお言葉を偶然何名かのお客さまから頂きました。

わたしの掌と比べて分かるように、本当に少しの量なのですが、

『ポーチに入れて会社に毎日持っていってます。あると落ち着くんです。』とか

『夜寝る前に布団の上で体に塗り塗りしてます。』とか

『お母さん、わたしにもイイにおいのヤツ塗って~。って言われるんですよ。』

そんなお言葉をいただいて、すごくすごく嬉しかったです。


オーストラリアの先住民が長い間そうしてきたように、自然は人を癒してくれます。

その自然の力が閉じ込められた精油には、人の体をいたわる力があります。

そしてそれ以上に、人の心の傷跡を薄くしたり、痛みを少しずつやわらげてくれると。

精油が詰まったちっちゃなオイルが、お客さまの色んな日常の場面で元気を運んでくれていることを教えてもらい、ますますその力を信じたくなってしまうのでした。


さて、その後のシモの経過ですが・・・。先日病院に行ったら先生が

『抗生物質ってその人の菌に効くかどうか、数日飲んでみないとわからないとこがあるんだけど、アナタの菌にはバッチリ相性良かったみたい。数値良くなってるよ。君・・・ラッキーガール

そう力強く言われました。

はぁ、わたしラッキーガール・・・。何か照れる(笑)

そんなこんなで抗生物質も終わったし!明日からは夏のお日様によく似た姿の

『お薬後の身体の浄化にグレープフルーツ』の精油を相棒に、キラキラな1週間にしたいと思います。

精油を通して、キラキラ光るオイルを通して、元気をお届けできるようにしたいと思います。

DSC04725.jpg

自然を感じる時間の余裕が無い時、こころの余裕が無い時。
もしもお近くをお通りの際は、代わりに自然の香りを感じに遊びにいらしてくださいませ・・。

明日からまた新しい1週間。
おシモも何事も溜め込み過ぎはイカンですね!
色んなモノ溜めすぎず、ガマンし過ぎず、出して参りましょう♪

どうぞスッキリの一週間を!!

スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/08 12:35] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/08 16:03] | # [ 編集 ]

Re: こちらこそです
本当にタイミング良く、あの時間がポンっと空いた。という感じでした。

お会いできて良かった。手に触れさせていただけて良かった!

やっぱり医者の言う通り、わたしはラッキーガール!?(笑)

ベラベラと手以上に、口も動いてばっかしで失礼しました!
旦那様とチビちゃんを待たせてしまいましたね。。。

それでもどうぞ懲りずにまたご家族で遊びにいらしてくださいませ!

またお会いできる日まで、ゆっくーり、ゆっくーりとこれからも場所を温めてお待ちいたしております(^-^)
将来店が移転する時は、例の場所でプロポーズされ、人生がまた変わる時でしょうから(笑)
ゆっくり、ゆっくりでいいから宮古での再開、心より祈っております。

それでも、再開しなくてもあの美しい海も花火も、美味しいコーヒーも穏やかな凪もちゃんと心の中にあります。

夏本番、どうぞご自愛くださいね。
ご家族の皆さまにも宜しくお伝えくださいませ・・i-179


[2011/08/08 16:59] URL | リルミー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/209-3eb0d7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)