LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

心を包む・絆を結ぶ
夕べから急に寒くなりましたね。
風邪など引かれてはいませんか?

昨日は夜、盛岡に到着と同時に雨が降ってきました。
けれども5日土曜日当日、釜石はとても良いお天気に恵まれましたよ。

DSC05271.jpg

朝起きて、ホテルの窓を開けると初めて海が見えることに気づきました。

釜石の地を、海を初めて見たのは、大槌と同じ、去年の夏の誕生日でした。

宮古、大槌を抜け、1日の終わりに通ったのが釜石。

(このカーブを曲がると、もうすぐ先に『釜石大観音』が見えるはず・・・??)

ドキドキしながら進みカーブを曲がった瞬間、そこで見たものは

スー、ドーーーーン!!

・・・白くライトアップされた観音様と、その横に華開いた真っ赤な大輪の打ち上げ花火でした。

(誰かがわたしの誕生日の為に仕込んでくれたのかしらっ!?)

そんなトンでもない勘違いをしてしまう位のタイミング。

釜石では毎年、その日に花火大会が行われていたのでした・・・。

その後は、通り過ぎるだけだったはずの釜石で、ビューポイントを求め、観音様が見える駐車場から花火を見つめていました。

誕生日の最後に最高にサプライズなプレゼントを貰った気がして、今まで見た花火の中で1番綺麗に思えました。

これがわたしにとって大切な釜石の思い出です。


4日金曜日の夜は、当日イベントの司会者であり、偶然LittleMeのお客様!そして釜石を熟知しているエツコさんが一緒に同乗してくれることになり、迷子の心配は無くなりました。(何てツイているんだ~。エツコさんどうもありがとうございました!)

アロマ環境協会さんが手配してくれたホテルに到着して驚きました。

・・・去年の夏、花火を見た場所こそが、そのホテルの駐車場でした。

DSC05272.jpg

夜が明け、そこにはあの日見た釜石大観音の姿がありました。


会場の『甲子小学校体育館』に到着しました。
DSC05274.jpg
Vの字を描く雲が快晴の空にクッキリと浮かび上がっていました。


会場には前日から全国より日本アロマ環境協会所属のセラピストさんが30人程集まっていました。

この日のメニューは

☆アロマハンドトリートメント
☆ハーブティーの提供
☆折り紙で作る『香りのコップ』
☆アロマスプレー作り


そしてわたしは、『香りのサシェ(におい袋)作り』の担当でした。

このサシェ作りを提案したのは、このお手伝いに誘ってくれたセラピストあやさんです。

わたしが知る範囲では世界一優しいママ、そして・・・綺麗な魂を持つあやさん。

お母さん目線のアイデアがいっぱい詰まっていました。

作り方はとっても簡単。
好きなドライハーブをお茶パックに入れ、お好みで精油を1滴。布でくるっと包んでリボンで留めて、ハイ出来上がり♪

お子さんと保護者の方が一緒にブースにいらっしゃるかと思いきや、意外や意外。小さなお子さんが1人で作りにくるのが多かったです。

保護者の方がお喋りや、食事、ハンドマッサージなどを楽しんでいる間に、お子さんはアロマクラフト作りを体験する。そんな流れが自然と出来ていたように思えます。

会場が野外ではなく、小学校の体育館と言うことで、多少離れても姿が見えるから安心なのでしょう。

そして、セラピストが30人も居れば、ちびっ子が精油を間違って舐めちゃったり、目をこすっちゃったりする危険を防ぐことも出来ます。

組織の力というのを実感しました。
普段1から10まで1人でやっている分尚更でした。

誰かとおしゃべり、大事ですよね。元気出ます。

アロマ体験だけでなく、こちらがお子さんと一緒に楽しむ事で、ママさん達の時間が生まれる。

『ママのココロ&カラダのケア・トーク』イベントの趣旨に合っているなぁと思いました。

そして、その時間を通して子供達から教えてもらう事、たくさんありました。


この日は4種類のドライハーブをご用意。
DSC05277.jpg

左上から

☆ローズ・・・不安や憔悴した心と体を休ませる。ホルモンバランスにも。
☆レモンバーベナ・・・レモン風味。リフレッシュとリラックス両方に働きます。
☆ローズマリー・・・・頭と気分をスッキリ。若返りのハーブと呼ばれています。

そして、最後右下が
☆ラベンダー・・・緊張やストレスを和らげ、優しい眠りを誘います。

実はこのラベンダー、今年の岩手で採れたものなのです。

(なるべく岩手のものを使いたい)

触れた感触も柔らかくて、活き活きとした綺麗な紫をしていました。


お茶パックを包む布は、アフリカのママさんが作った布を使いました。

今回イベント企画・運営をして下さった『ジョイセフ』さんは、元々途上国の妊産婦と女性を守る活動をされている国際協力NGO団体です。

アフリカの布を使う。そうすることで、その方達の支援にも繋がる。
何より、日本とアフリカのママさん達がちょっとだけ繋がる感じがする。

ここにもあやさんの優しさが表れていました。

DSC05278.jpg
ビビットカラーが新鮮でいい感じです♪
これがどんな風になるか楽しみです。

(ここからは写真を撮る時間が無かったので、お店で再現です。)

☆お好きなハーブを1種類、もしくは2種類入れて。
DSC05279.jpg
(ラベンダーとレモンバーベナをチョイス☆)

『今年採れた、岩手産のラベンダーなんですよー♪』とお声を掛けると

『そうなの!地産地消ね♪いいにおい~。』と1番人気でした。

最初に来て下さった方はお二人連れの60代位の女性でした。

ローズをお選びになったので、

『ローズは女性ホルモンアップ。女子力アップ。モテ力アップです!』と言うと

『ヤダ~、今さらぁ。けどやっぱりローズにするわ!』と笑ってらっしゃいました。

その後、作りながらボソッと

『この香り袋で眠れるかしら・・・』とおっしゃったので、ローズの持つ力、不安や疲れ果てた心を深い香りで包み込んでくれることをやんわりとお話すると

『今、そんな気分なの。そうなのね・・・。』と話されました。


作りに来て下さった方へ
サシェを枕カバーの下に忍ばせて眠ったり。
バッグにそのまま入れると、開ける度にいい香りが中からフワっとすること。
そして、タンスに入れると洋服にハーブの香りが移ること。
などをご説明。

『肌着と一緒に入れておくと、パンツいいにおいになります!』

と言うとみなさん必ずウケてくれたので、このお調子者は1日で『パンツ』って言葉、30回は発しました。

そして小さい子が、『若返りのハーブ・ローズマリー』を選ぶことが少なくなかったのも意外でした。

効能をご説明しながら、お母さん達と『必要ないから!(笑)』などとお話しつつ・・。


☆お次はハーブにお守りを忍ばせます・・・
DSC05281.jpg
ピンクとオレンジのハート。水色の星の中から好きなものを1つ選びます。

お好みでこの紙に精油を1滴垂らします。
(この日はオレンジ・ラベンダー・レモングラス・ペパーミント・マンダリンの5種類)

『お守りだよ。お願いごと、書いてみる?』

『ケーキ屋さんになりたい』
『和菓子屋さんにないたい』
『パン屋さんになりたい(メロンパン大好き!)』

『ドラゴンボールになりたい』
(7つ集めてお願いしたら、もしかしたら、もしかするかもね・・・(^-^))

他には小学校高学年になると

『足が速くなりたい』
『頭がマシになりたい』
!?

みんなそれぞれおもしろいです。

そして7歳くらいの子でしょうか。

『みんなしあわせにくらせますように』


6歳の女の子はこう言いました。

『もう宝物が壊れませんように』

『宝物って何?』

・・・『家族』

思わず、その黒髪を撫でてしまいました。

迎えにいらしたお母さんにお守りのことをお伝えし、

『ランドセルに入れてもいい香りがしますよ~』とお話しました。

35過ぎたおばちゃんだって、毎日お守り持ち歩いてるんだもの。
ビビッた時、握り締めて勇気もらってるんだもの。

小さな巾着を作ってハーブを入れ、ランドセルに下げてあげても良いかと思いますよ。。

精油なしで、お茶用ハーブだけ、万が一お口に入れてしまっても大丈夫感があります。

お湯を注ぐとハーブティーになるし、お風呂に入れると入浴剤にもなっちゃいます。

精油を使わない香りのクラフト作りも楽しいものですね。


☆お願い事を書いて、入れてと・・・。
DSC05282.jpg
香りが結ぶご縁が広がりますように。そして諦めてない・・・結婚の結!!笑


☆透け透けのハートを包んでっと・・・。
DSC05283.jpg

最後に白いリボンで結びます。

この『ホワイトリボン』は全ての女性が安全に妊娠・出産できる世界を目指す象徴なのだそうです。

DSC05287.jpg
出来上がり♪

DSC05276.jpg
会場では好きなシールやラベルでラッピングを。


自分には子供が居ないし、子守は苦手です。
同じ目線になるように、中腰や膝をついて、目を見て、手元を見て。それだけ心掛けました。

小さな子でも出来ることは多少ハーブをこぼしたり、汚したり、布の包みが曲がったりしても1人で。

リボン結びとか、字を書いたり。出来ないことは、代わりにやってもいいかを聞いて、そこだけサポート。

終わった後、

『1人で作れたねー。出来たねー。』と言ってハイタッチ。

目がキラキラ、達成感を感じているのが伝わってきました。

『お母さんに見せてくるー!!』と言って走って行きます。

自信が付いたのか、

『お父さんにも作りたい。』『赤ちゃんの分も。』と再び作りに来る子も多かったです。

だよね。大人だって褒められるとうれしいよね。伸びるよねー(笑)

Mなわたしも褒められるほうが断然伸びるタイプです。余談ですが。


けれども、帰り道、また悪いクセが出ました。
自分を褒めるのは苦手です。

前日入り出来ず、全て他のセラピストさん達に準備をしてもらったこと。
そのくせお店を早く閉めたこと。中途半端な自分。
震災当時とは違い、整った環境の中に行き、やっとアロマを伝える自分。
変わってしまった街の景色。


ボランティアって何だろう・・・

香りを通して出会えた子供達の笑顔を思い出しながらも、色んな感情が交じり合い、モヤモヤしてる自分に戸惑いを感じながら運転していると、ラジオからこんな言葉が聞こえてきました。

脚本家の内舘牧子さんの声でした。
この方のお父さんは盛岡の方なんですよね。

夢を叶える。それをテーマに学生と意見交換をしている番組でした。

1人1人が夢を叶えること。それがやがて復興に繋がる。

夢を叶えたら、今度はそれを周りや地域、社会、そして部族へと伝えていく。お返ししていく。そこに意味がある。


スっと言葉が入ってきて、少し胸が軽くなりました。

地域か、社会かぁ・・・

ボランティアをする上で、何よりも大切なのはその地域で暮らしてきた人の想い、生活、時間、文化への尊重です。

そして『被災地』と呼ばれる場所は『その地域で普通に暮らしていた私たちと変わらない人たちの土地』です。


読んだ本に書いてありました。


今はその『変わらない当たり前の暮らし』を『日常』を取り戻すためのお手伝いがボランティアなのだとしたら。

また今日みたいに、自分も普段と変わらない気持ちで、笑顔で、今までと同じように香りを伝えたいと思いました。

そして少しずつ、ボランティアとしても人としても出来ることを見つけ、成長できたら良いと思います。


そして、これは勝手な見解なのですが、『夢を叶える』は○○になりたい。だけじゃなく、睡眠、食事、掃除洗濯・・・。日々の当たり前のことをちゃんとする。

そんなことに置き換えられる気がしました。

夢を追う忙しさの中で当たり前の日常が出来てないと、とてもイライラしてきます。

『地に足つけて当たり前の日常を過ごすこと』

それが自分自身の余裕に繋がり、仕事にも繋がり、そして誰かを思う、相手と向き合う『心のゆとり』に繋がってゆくのだと思いました。

そんなことを考えた1日でした。


なのに気づくともうこんな時間ですね(苦笑)

昨日出会えたみなさんは、いい香りに包まれて、少しでも安心して眠ってくださっているでしょうか。

だといいです。

さぁ、わたしも帰って、今夜からはタンスにサシェを忍ばせます。
まずはイライラ解消に、きちんと服を畳み直すところからであります。

おパンツがラベンダーのかほりに包まれるのが楽しみです♪

DSC05273.jpg

そしてまたきっと観音様に会いに行きたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

釜石のakiです。
日記を読んでいって、行ったようなつもりになれました~。
おつかれさまでした。
ありがとうございます。

なんだか、mikaさんはこちらに住む人の気持ちが
ちゃんと伝わっているような気がしました。
日記を読んで、泣いてしまいました。

いつか、おめでとう~って、言わせて下さいね♪
今日は、雨ですね。
もう、冬が来ますね。
寒いのつらいけど、お互い、がんばりましょう。
[2011/11/07 07:38] URL | aki #- [ 編集 ]

私も・・・
よいかほりのパンツはきたいです(笑)

自分を責めてしまうところが美香さんらしい・・・と笑ってしまいましたが,
十分みんな喜んでくれてよかったじゃないですか。何一つ責めるところなんてないですよ♪
たぶん,ある程度落ち着いた今だからこそ必要なことってあると思うし。
早く知っていれば,釜石のいとこ(子育て中)にも教えたかったです♪
次回,何かあったら教えて下さい。
追伸
先日はありがとうございました。
家に帰ってからも爆睡でした(笑)
ペパーミントティでがんばります!
[2011/11/07 10:06] URL | tocco #0NS/.3bg [ 編集 ]

Re:akiさまへ
行った気分になってもらえて良かったです!
ジョイセフのスタッフさんに是非また開催して頂きたいです。とお伝えしました。
当日キャンセルで空きが出たりもある様で、またいつになるかは分かりませんが、akiさん、もし宜しければ、わたしのパソコンや携帯にご連絡先をお願い出来たらと思います。。。

釜石はとても暖かくてビックリしました。
子供の目って、住む場所、国、関係なくとてもきれいですね。
冬は同じく苦手ですが、アツアツの未来を信じて!?過ごして参りたいと思います。
akiさんもどうぞあったかくしてお過ごしくださいね。
[2011/11/07 13:15] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]

RE:toccoさまへ
こちらこそ、先日はどうもありがとうございました!
おパンツ・・・ラベンダーに合わせて、やっぱり色は勝負の紫!で決まりですかね(笑)
泊まったホテルの隣のグランドがたくやさん達が来た場所でしたよ。
朝早くから高校生達が野球の練習に励んでいました。
そうですね。ずっと何年も支援は続くんですもんね。焦っちゃダメでしたね。
ありがとうございます。
香りってみんな頬がゆるんでくれる、いいもんだなぁ~って改めて思いましたよ。
この秋はいいかほりでお互いますますi-278女子力向上ですね!!
[2011/11/07 13:22] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


ふふ、あなたに捧げた花火喜んでくれて幸いです☆(だめ?)
子供たちのローズマリーのお話、
子供ではいられない重圧が、かかってしまったのかな…
と、ふと感じました。
若返れ!子供たちよ!!
[2011/11/07 19:44] URL | Y江 #wgq5BLRU [ 編集 ]

Re:Y江さまへ
仕込み、今日の今日まで知らなかった…(笑)
ローズマリー、気合い入れる日は必ず手に取ります。スッキリしますもん(^-^)あっ、2355が始まりました。Y君、Y江さん、今夜も良い夢を…おやすみなさい☆彡
[2011/11/07 23:58] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


アハハ。迷子になってすみません。
アロマブースはずーーーーーと人が途切れることがなかったですね。
私も久々にいい仕事ができたと思います。
娘は母の仕事を見るよりも外で遊んでたらしいけど・・・笑
[2011/11/21 17:37] URL | anchoretsu@hotmama #ZTTQOs5I [ 編集 ]

Re: etsuさまへ
マイク越しの美声、ええ声でしたi-80
本当にお世話になりました!
来月は気仙沼に行く事にしました。
たった今、了承の返事が届いたばっかりです。
まためんこい笑顔に出会えるといいです(^-^)
[2011/11/21 20:40] URL | リルミー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/243-ba3004a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)