LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

狙われるオンナ②ハリガネムシ編
ポカポカ温泉場で告げられた『カメムシ払い』のために向かった先は

わたしの駆け込み寺、『ポカポカの手』

色んなモノをお払いしているこの方ならば、カメムシ位朝飯前なハズ!

1時間のヒーリングを終え、ベッドから起き上がった後、口から出た言葉が

『体がフニャフニャします・・・。
 何か、腕とか背中とか、体の中に入ってた<針金>?みたいのがスーッっと抜けた様な感じ・・・』


するとポカポカの手の方はこう言いました。

『ハリガネムシって言う虫がいるんだよ。』

ハリガネムシ??

『ハリガネムシはカマキリとか他の虫の体内に住みつく寄生虫でね。

 カマキリって言うのは本来優しい虫なんだけど、ハリガネムシに寄生されると、自分でも訳も分からず、餌となる他の虫をバクバク食べちゃうの。

 そして、ある日カマキリは苦しくなって、必死に水辺に行ってお尻をチャポンと水につけると、中からハリガネムシがにょろ~って出てくるんだよ。』


・・・想像しただけで・・・・気持ち悪すぎるっ

けど、その後すぐこんなことを思いました。

『あぁわたし、この2、3日もしかしたら、ハリガネムシに寄生されてたのかも・・・』
 
心の中で思っていることと、反対の言葉や態度が出てしまう。
そんな自分に戸惑いながらも、上手く感情がコントロール出来ない時ってありませんか??

何か分からないけど、イライラしたり、バランスが崩れるって言うのでしょうか。

分からないって言いながら、お腹の底ではちゃんと理由、分かってるんでしょうね。

例えば、ハリガネムシって言う名のホルモンのいたずらとか、日々の忙しさとか、
サボってばかりの課長とか(笑)、いい加減断捨離していい『過去』とか。

DSC05049.jpg

人によってそれぞれですよね、きっと。

カマキリは、ハリガネムシが寄生している間は、栄養も体力も奪われ、繁殖能力を失うのだそうです。

無意識の内にガマンしてガマンして、もうどうにもならなくて、やっとこ水辺に行って、中からハリガネムシを追い出した後は、急激に衰弱して死んでしまうのだそうです。

なんとおそろしい

ガマンってこわいです。

トイレに行くのをガマンする。

泣くことをガマンする。

笑うこともガマンする。

腹ん中にある言いたいこともガマンする。


『幸せになることを我慢する。』


ガマンばっかりだと、出口も詰まって、要らないモノでいっぱいになって汚れて、綺麗なモノや新鮮な栄養もスムーズに流れなくなって、病気になってしまう。


あったかい手の方は続けてこう言いました。

『何よりも自分自身が幸せじゃないとダメなんだよ。

 誰にも遠慮することなんてないの。幸せにならなきゃダメなんだよ。』



そうですね・・。

分かってる。分かっちゃいるけど、上手く出来ない人っていますよね。

どっちかってーと、わたしもそうなんです。

そう言われて思い出したことがありました。

だからこそ、LittleMeと言う名前は、アロマと触れるタッチングで

『小さいけど、たった1人の自分を愛おしんで欲しい。』

そんな想いを込めて付けたんでした。



自分に優しく。上手に出来ない時は、こうやって人に甘えると気持ちいいなぁ。

水辺に行く代わりに、人の手を借りて自分の中にあるハリガネムシを逃がしてやる。

あったかい手を借りて逃がしてあげる。


本当に人の手はあたたかいです。
気持ちいいです。
ハリガネムシを追い出した後にもらった言葉は、容量の空きがたくさんになった自分の中にすんなりと入ってきました。
ありがたかったです。



郵便局員さんの話を耳にしました。

沿岸のお宅を配達して回っていると、おじいさんがこんなことを言うのだそうです。

『若い人達が亡くなって、自分が生き残ってしまって申し訳ない・・』

絶対にそんなこと無いですよね。絶対無いです。

けれども今、同じ様に自分のせいでは決してないのに、自分を責めてしまう人。自分に優しく出来ない人。苦しんでいる人。たくさん、たくさん居るって思うんです。

想像じゃ無く、自分もそうだったから。

それじゃあ苦しんです。周りの人も苦しいんです。

何年掛かってもいい。本当に心の底から自分に優しく出来る。

自分の幸せを願える。それが周りの人の幸せにもなる。

色んな方法があるけれど、そんな中で『人の手のあたたかさ』というものを知りました。

だからわたしはこの仕事をしているのだと思います。



ヒーリングの帰り道、自分の『幸せ』を想像しながら、軽くなった体で盛岡の街を歩きました。

北風が冷たくても両手にはまだ『人の手の温もり』が残っています。

わたしが望む幸せ・・・

むか~しむかし、チャーミーグリーンっていう、食器洗剤のコマーシャルがありました。

函館の坂道を、かわいいおじいちゃんとおばあちゃんが仲良く手を繋いで歩く。

それがずっと前から憧れている幸せのカタチなんですよね♪


まぁ、人のラブラブ賞味期限は人類学的に見て『3年』人の夢と書いて儚いわ~。

けれども、ほのぼの賞味期限は、心がけ次第で一生モノかも、です。

『自分を愛する心がけ』

サボりそうになった時は、また人の手を借りに行きたいと思います♪

人の手を借りた後は、その余韻で他の人にも温かさを伝えられる気がします。

『あぁ、今すぐトリートメントさせて頂きたいっ♪』って思います。

自分のお腹に手を当てて、いつも以上に自分のチカラで自分を温めてあげることも出来ます。


今、あなた様の隣には、周りには誰がいますか?

どうぞいつも側にいてくれるパートナーの手を、めんこいちっちゃなお子さまの手を、上手な言葉は掛けれないけれど元気になってほしいと願うあの子の手を取って、温めあってほしいなって思います。

そしてそして忘れちゃならない、自分の手を。

もし上手に出来なくても、そいつぁ、ハリガネムシの仕業です。

決して自分のせいじゃありませんよ~。


カメムシ払いに来たつもりが、思いがけずもっと悪い虫、払っていただきました。

(くさいカメムシも追い払った。とは言われてないけれど)

すっごいスッキリ♪あぁ、もうコレで安心だわ~。

イイにおいでフェロモンの通りも良くなったこと間違いなし!


後は・・・弱虫、浮気虫、金喰い虫、悪い虫が付かないように、
香りを通して己を磨きながら

・・・材木町から嫁に行く日を待つばかり!(笑)


求めるままに、遥か遠くに思える幸せにスーっと手を伸ばしたら

案外近くて、その温もりをリアルに感じられることがあったりするかも知れません。

幸運の矢を放つスナイパーはすぐ背後で待ち構えているかも知れません♪

201109151724000.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/247-2c128d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)