LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

津軽2012・冬 ③
津軽らしい天気になってきました。

P1020099.jpg

遮るものがない津軽平野。地吹雪の中をただ黙って前方へ進む人の姿。

(これじゃ東北の人は根性あるはずだ。)

P1030163.jpg

津軽出身で盛岡在住。今現在、治療家になるべく猛勉強している人がいます。

バイトも学校も、毎日ものすごく頑張ってる。

1人部屋で肩を震わせ泣く事も、叫びたくなる事もあると思う。
本当に限界ギリギリの時だって。

でも、確かに見えます。

その人が真っ白な白衣を着て、患者さんに美しい笑顔で接している姿が。

その人の笑顔が人を呼び、福を呼び、気持ち良く好きなもの買って、美味しいもの食べてる。

もっちろん霊能力者でも何でも無いが、その人は素晴らしい治療家になる。そして、その手に救われる人がたくさんいる。それだけは強く思うのです。

泣いた分、その美しい笑顔でいっぱい笑って欲しい。

国家試験、頑張ってください。応援してます。津軽魂でけっぱれ!!

P1030165.jpg


弘前は盛岡に負けず劣らず、喫茶店の街です。

古き良き時代の、い~い感じの珈琲館が点在してるんですよ。

個人的にはやっぱり土手町(どてまち)界隈がおすすめです。

この日は弘前で1番古い喫茶店『ひまわり』へ。

P1020102.jpg

P1020103.jpg

冷えた体に、コーヒーのアロマが染み込んでいきます。


18歳から20歳までの2年間を弘前の大学で過ごしました。

4年大を中退することになり、グチャグチャな気持ちでこの弘前の町を歩いていた頃から16年。遠い昔です。

若かりし頃の自分に声を掛ける事が出来るなら、

『遠回りしても、やりたいと思うことが見つかるまで諦めるな。』

『この先誰かに裏切られたり、誰かを裏切ったりもする。ちゃんと逃げずに苦しめ。』

『あと2年後に働く職場は超激務で、黙ってても30キロ台まで痩せるから、
今は股ズレが痛いほど太ってても安心しろ!』


時~々LittleMeには将来に悩む20代前半の若い方がご来店される時があります。

ひと回り上のオバちゃんが出来るアドバイスなんて到底ありませんが、

『苦しい時は決して無駄じゃない。そう思える5年後、10年後のために、もうひと踏ん張りしてみましょうよ。大丈夫。』

きっと弘前の町を歩いてたハタチの自分に言ってるんだろうなぁ。

オバちゃんも5年後、アラフォーになっても笑っていられるように頑張りますね。

迷った時は嗅覚を研ぎ澄ませて進んでいこう。



『喫茶ひまわり』の同じ通りにはセンス抜群の雑貨屋さんも数件あります。

お店のキャッシュトレーが割れてしまい、さすがに寿命だったので、新しいものを探していました。

(いいのあるかなぁ・・。)

フラ~っと入った一軒のお店で、どうしましょう。巡り合ってしまいました。

DSC05481.jpg

運命の出会いであります。

イメージ通り、いいや、それ以上!

何故なら、リンゴの軸が南部鉄器を思わせる鉄製なんだもの!

岩手と津軽のコラボ。(勝手に)

LittleMeに来てくださるお客さまの大事なお金を頂戴するトレーは、日本中探したってこれ以上のものは無い!!

即決です。

うひょー!可愛い。あぁ、可愛い。あぁ、嬉しい。


お土産の大吟醸買う時も、新幹線に乗ってる時も、美味しいお茶とケーキを食べてる時も、帰省中こうしてお金を使う時は、2011年にお店に足を運んでくださった方々のことを思った。

岩手で働かせてもらったお金を青森で使う。

頬だけじゃなく、財布の紐は開店して以来1番緩みました。
三が日、毎晩酒を飲むって事も人生初だったから、すっと酔っ払っていたのか!?

帰ってきて、中身を見てハッと我に返った時、顔に縦線3本程入りましたが(笑)

『良いお金の使い方をしたな・・』

そう思いました。

ありがとうございました。

月日を重ねるごとに、木目のリンゴがいい色になっていくといいなぁ。。。


おじさん、やっぱり今日は良い日だったよ。ツイてたよー!!


こんなにツイてるなら、やっぱり今夜は帰れない。帰りたくない。

どうかもう少しだけ津軽の『気』をください・・。

P1020112.jpg

ずっと夢だった、津軽三味線の生演奏を聞きながらの夜。

P1020107.jpg

P1020109.jpg

P1020113.jpg

こんな贅沢な時を過ごしていいんだろうか。いいんだよ。こう自問自答を繰り返しながらも、アロマの神様、今日だけは!もうスッカラカン(笑)当分ありませんから~。

本当に夢の時間でした。



翌朝、日本随一の桜の名所・弘前城には『雪桜ユキザクラ』が咲いていました。

P1030118.jpg


P1030119.jpg

P1030122.jpg

P1030125.jpg

太陽が少しずつ顔を出し、1時間足らずの間に幾通りかの空に出会えました。

P1030131.jpg

P1030138.jpg

この寒空の中、カメラ片手に城を撮る。何か『歴女』みたい・・・。

P1030143.jpg

P1030145.jpg
雪桜・満開。

P1030151.jpg

昨日いらしたお客さんは田舎訛りが心地良く、肩のトリートメントをしていたら、頭のてっぺん辺りから、ふわ~っと『故郷ふるさとの匂い』がしました。

『オレンジ』と『マージョラム』そして『カモミール』。自分にとっては冬の日だまりを思わせるこの3つのブレンドと、故郷の匂いが交じり合い・・、ふーっと私自身の目に涙が浮かんできました。

瞬きしてもこぼれるかこぼれ落ちないか位の涙。

『安堵の涙だなー』 そう思いました。

広い大地を感じさせるお客さま。同じ匂いのする方が何人かいらっしゃいます。

他にも、風を感じさせる方。風は風でも春風や、夏の爽やかな風だったり。

後は・・水の様な方。静かで蒼い月の様な方。みんなを包みこむ太陽の様な方。
野に咲く可憐な小花の様な方・・・。

ここに来て下さるお客さまからこの宇宙に存在する色んなもの、万物を感じます。

そして色んな風を運んで来てもらえます。


ふと、(自分は何だろう?)と思いました。

そしたら、ずっと以前、思いを寄せていた人に言われたこんな言葉を思い出しました。

『小川みたい。小川みたいな人だと思った。』

大きな川ではなくて、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
まだまだ未完成で危なっかしい、確かそんなことを言われたっけ・・・。

そう言われて

(そんなに危なっかしいと思うなら、しっかりこの手を繫いで離さないでっ!)
と、心の中で叫んだのは言うまでもありません。言えなかったけど。


小川かぁ。小川と小川が交わって、大きな川になる。大河になる。

そして大海原へと広がっていく。

今までも、この先も、これからも、色んな人と出会って交わっていきます。

その中には、一生モノの友情があるかも知れないし、仕事の良き理解者、協力者。生涯の伴侶もいるでしょう。


『お金』と言うものに思考が支配されそうになった時、思い出す言葉があります。

人間死ぬ間際に『あぁ、もっといっぱい稼いでおけば良かった。』と言って死んでいく人は居ない。

それより、どれだけ人と心を交わし、大切なものを築けたか。


そう思うのだそうです。


今日も優しい風を運んでいただきました。清らかな方達だった。

そしてまた、小川を浄化してもらいました。


一見ドブ川でも何でも、魚は住んでいる。確かに今、ここにいる。

少しずつ、たくましく深く広く。サラサラと心流れる小川になりたい。


こうして色んな人が交わってできたにおいで、今日も満たされています。



津軽の旅。ひとつだけ忘れた事があります。

ストーブ列車に乗ってくるんだったー!うっかりしてたー。

また故郷のにおいを感じに、お礼参りに行ける様、その日を楽しみに。


今夜は満月。世の中3連休も終わって、明日から動き出す感じでしょうかね。

お体充分休めましたでしょうか(^-^)

頭が疲れた時は、深呼吸して色んな風を、においを感じてみると、ピンと張り詰めた冬の澄んだ空気も案外悪くない、そんな気がします。

そして時には違う空気も。

冬の津軽、たんげ(とっても)いいとこです。

ぜひ一度、遊びにいらしてくださいませ。。

P1030152_20120109201948.jpg
のっこり雪帽子で 『お待ちいたしております』

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/273-d29056cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)