LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

男前岩手山
一昨日の盛岡は夏の様な空でした。

P2090366.jpg

とは言っても、大地は一面銀世界ですが・・。

思い立って、相棒マーチと一緒に2時間ばかりのドライブです。

目的地は滝沢村にある隠れ家的喫茶店。

P2090369.jpg

そして・・・

P2090399.jpg

見えてきました岩手山。

大きな大きな存在感で、待っていてくれます。

途中で出会う色は、全てがキラキラで清々しく。

P2090389.jpg

最近はあまりの寒さに

『やっぱりもう冬はお腹いっぱいです。』

と白旗を揚げたくなっていましたが、こんな美しい景色に出会ってしまっては・・・

この空気感は他の季節にはない<透明な世界>だと感じさせられます。


ノロノロ山道を40分程で着きました。

P2090402.jpg

『ゲストハウス・ちゃぐちゃぐ』さんです。

高台にある一軒屋の喫茶店です。

ドアを開けて、正面の飾り棚には

P2090410.jpg
『あっ♪』

P2090411.jpg

建物は東京都ご出身の建築家オーナーさんが全てご自分で設計。

家具もスペインから買い付けしてきたものだそう。

ピザが美味しいです。でもコーヒーにはケーキも必要不可欠。問答無用です。

P2090412.jpg

湯煎のオーブンでじっくりと焼き上げた様な、しっとりした食感。

P2090413.jpg

苦めの珈琲によく合いました。

カップはバラバラで、1人ひとりのイメージ??で選んでくれている様です。

そして、何と言ってもこちらの魅力は、1番奥のテーブル。

小窓からの眺めです。

P2090407.jpg

P2090409.jpg

絵画の様です。

今日で2回目でしたが

なーんも考えないで、下界から切り離されている様な感覚になります。


残念ながら、今年の冬は薪ストーブを使っていないとのことで、この小窓がある部屋は寒かったです。

入口手前の部屋で珈琲を楽しみました。

この時期、寒がり屋さんはいっぱい着こんで行くのがおすすめです。

春や初夏のグリーンの季節もまた最高に気持ちいいでしょうね♪

P2090414.jpg

こんな風に、ちょいと車を走らせれば、別世界へと連れて行ってくれる岩手が
わたしは大好きです。

この一週間は、県外から来て同じように岩手が好きと言う人もいれば、まだ慣れないと言う人にも、たくさん出会いました。

また、自分の事が好きと言う人もいれば、自分の事を嫌いだと言う人にも出会いました。

その中で、こんなことを言った人がいました。

『自分は世の中で言ったら、下(げ)の下(げ)の位置に居る様な人間だ。』

誰がそんなこと決めたんでしょうか。

世の中には、お寿司の様に『あなたは特上の人間。あなたは並。』

そんな風に何か基準が定められているのでしょうか。

いいえ、それを決めているのは、その人自身でした。

『下の下』その言葉が妙に頭から離れません。

それを言った人の顔も離れません。

その人は自分を卑下した様に、少し笑いを含んで言っていましたが

わたしには『その人の中に居る、もう1人のその人』が泣いてるように見えました。

哀しんでるように見えました。

そして若干腹が立ちました。


何故なら、昔の自分もそうだったからです。

下の下までは思っていませんでしたが、自分のことが大嫌いな時がありました。

自分には誇れるものが何も無い。そんな風に思ったこともありました。

P2090398.jpg

『勝ち組』『負け組』って言葉がありますが、コレ何でしょうね。

男の人だったら、お金持ちで、地位も名誉もあって、食いっぱぐれが無い仕事についてて。学歴も良くって、顔もまぁまぁ。

女の人だったら、自分が上記と同じ条件。それプラス、結婚相手がそんな人だったら、自分も勝ち組って言うんでしょうか。

それでも結婚してても、子供が居ないとダメとか、専業主婦より働いてる主婦とか。

似たような言葉に30代独身女子は『負け犬』ってのがありましたな。

もし、世の中の基準がそんなんだったら、一体わたしはどーなるの?笑

65歳になって「年金満額納めても月々6万3千円です。」って役所に言われてるよ。


わたしの周り(自分も含めて)、全部揃ってる人はいません。

でもみんな、精一杯カッコ良く生きてます。

多少落ち込んだ日も、飯を食う時は幸せそうに大口開けて食べてます。と思う。


人と自分を比べて、イイコトってあんまり無い気がします。

何故なら、比べる対象は自分より上の人ばかりだったりするから。

若い頃、ううん、つい数年前までは無いものばかりを数えていました。

当然自分を心から好きになれませんでした。

誰かが愛してると言ってくれても、どこかいつも不安でした。

30年近く生きて、やっとこ大切なことに気づいた時、

なんてもったいない年月を過ごして来たんだろう。って思いました。

そして、自分に対して長い間何て可哀想なことをしてきたんだろう。って思いました。

自分を思ってくれてた周りの人達にもごめんなさいって思います。



『ちゃぐちゃぐ』さんへ行く途中の岩手山、材木町から見るより遥かにデカイんですよね。

どーんと立ちはだかって、カッコいいんです。やっぱり男の神様の山ですね。

青年よ、山はいいぞ!山は。

もし自分がちっちゃいと思ったら、山へ行け!今すぐ行け!!

このでっかい岩手山の前じゃ、どんな人間も一緒。

みんな小さくて、たった1人の人間で。何の差別も無く包み込んでくれる。

P2090415.jpg

小さいわたしは、時に小さいを通り越して、とてもちっぽけで。だから山が好きです。

でも小さい自分も、今は大事な自分だから『LittleMe』と言う名に思いを込めました。



自分に自信を持てないなんて、しょっちゅう、いや毎日あります。

人には見えない腹の底や頭の中のブラックなものや、弱虫を1番良く分かってるのは自分だから、しょうがないし、当たり前です。

でも、ナンやカンや折り合い付けながら、一生懸命頑張ってるのを1番良く分かっているのも自分であり・・。

自分をダメだと思うのはいけないことじゃないけれど、それを公言するのは寂しすぎます。。



もし、山を見ても、美味しい珈琲を飲んでも、何しても悲しくて、

心底自分はダメなやつだと思ったら

周りの信用出来る数人、もしくは1人にだけ、そっと心の内を明かしてみるといい。

『大丈夫だよ。』って微笑んでくれる人が、たった一人でもいたら

そんなあなたもわたしも『しあわせの勝ち組』。

P2090421.jpg

ちゃぐちゃぐさん、アラサー以上の女子にこそお似合いの場所です。

1人でのんびり、時には気の置けない誰かと一緒に、岩手山の大歓迎を受けて来てほしいなぁと思います♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/287-903aea5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)