LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

大事にする
一昨日は遠野市に行ってきました。

2時間のアロマ講座の予定でしたが、30分以上も時間オーバーしてしまいました。

内容を詰め込み過ぎたと、帰りの車中は猛反省会でした。

アロマの魅力、アレも伝えたい、コレも伝えたいと、意気込み過ぎてしまいました。

来て下さった皆さま、帰り道大丈夫でしたでしょうか・・・。
遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

唯一、皆さまの優しい笑顔に、マッサージ楽しいと言うお声に救われました。

また香りに助けられました。

お忙しい中お越し下さった皆さま。
この機会を下さった遠野市民センターの職員さま。
そして、気をつけて行っておいでとメッセージをくれた皆さん。
本当にどうもありがとうございました。

この場をお借りして、お詫びとお礼を申し上げます。

P3070559.jpg

講座は夜からでしたが、午前中には家を出ました。

沿岸をまわってから遠野入りすることにしていたからです。

釜石から大槌、そして遠野。

ずっと行きたい、でも行けなかった場所がありました。

釜石の鵜住居。大勢の方が亡くなった建物です。

その場所に所縁のある知人が、沿岸を訪れる度に祈りを捧げてきたところです。

そこでのあまりに悲しい出来事を聞いたときは言葉になりませんでした。

今回寄らせて頂く機会を頂きました。


建物の入口に献花台がありました。

お線香から白檀(ビャクダン)の匂いが風に揺られて香ってきました。

『確かにあった現実』がそこにはそのまま残っていました。

生きようと、生きたいと必死な思いで最後まで頑張った姿がありました。

そこに居て怖いという感情はありませんでした。ただ悲しいと思いました。

2階へ登るとそこにも献花台がありました。

きっと、ご遺族の方だと思います。手書きのメッセージが残されていました。


お忙しい中、大変な中、いつもきれいにして下さり

どうもありがとうございます。

気づけば早いもので1年が経とうとしています。


命大事にして下さいね。・・・大事にします。


全てハッキリとは覚えていませんが、最後の一文がずっと残っています。

お線香に火をつけると、ガラスの無い窓から風がブワ~っと入って来ました。

悲しいの気持ちに代わって、強い気持ちが体の中を通り過ぎる、そんな気がしました。

P3070560.jpg

その時、講座を前にすごく緊張していました。

『命大事にして下さいね。』この言葉を頂いて、遠野へ行く事が出来ました。

けど、たくさん失敗してしまいました。

頑張ったけど、失敗しました。

でも失敗しても、またチャンスをもらえたら頑張りたいです。

そんな機会をもらえる様に、ここでの毎日を頑張ります。

それが今の自分の命を、セラピスト人生を大事にするという事だと、鵜住居に行って改めて思いました。


釜石、大槌ではプレハブのコンビニエンスストアや復興食堂が開店していました。

『○○美容院、4月○日オープンします!』などという看板を見掛けると、嬉しくなりました。

1つ心残りだったのが、『釜石ラスク』というお店の前を通った際、車でブーンと買いそびれてしまったこと。

新しい名物の様でした。

そしたら今朝、開店準備をしているとご近所さんが

『頂き物だけど、お裾分け♪』

ラスク

なんてありがたい偶然。

そしてラスクなのにホタテ味!青森県民、ホタテにはかなりうるさいですよ。

・・・(コレ美味しい。。。ホントに美味しい!)

釜石ラスク、お世辞抜きにおすすめです。ご馳走様でした。

P3070561.jpg

白檀の精油を嗅ぐたびに思い出す気がしました。

『命大事にして下さいね。大事にします』

白檀は樹齢30年以上の樹じゃないと精油を抽出することが出来ないと言われています。

この香り、皆さん好きだと言います。落ち着くと言います。

長い年月が生み出す、深くてどっしりして、揺らぎのない香り。

お線香の煙にのって天へとゆっくり昇っていくこの香り。

空から見守ってくれている人を感じる香りだから、大きな両手で包まれる様で、みんな安心するのかも知れません。

P3070564.jpg
2012.3.7満月前夜

空へ帰る日まで、ここで生きます。

会える日まで、自分を、周りの愛する人達を大事にします。

次こそは、釜石観音様の後ろ姿ではなく、お顔を見に行きたいです。

ラスクも忘れずにね。


3月7日。大切な思いを、大事な言葉を聞かせて下さり、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/299-d6f48104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)