LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

  • 03/19:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

さよならのあとで
P3090571.jpg

わたしがこの本に出会ったのは何時だったでしょうか・・・。

その日は寂しいと思う出来事があり、冬の風が身にしみる夜でした。

4年前位から寂しさや遣り切れない気持ちを覚えた時は本屋さんへ行きました。

寂しいと言うより、『答えを探す為』に行っていた様な気がします。

どうして人は死んでしまうんだろう。

死んだら何処へ行くのだろう。

どうしてこんな事が起きるのだろう。

死ぬって何だろう。

生きるって何だろう。

わたしはどうやって生きていくべきなんだろう。


考えても考えても分からなくて、答えを言って欲しくて。

けれども答えは見つかりそうで見つかりませんでした。

やっぱり自分で考えるしかないのです。

ううん、自分の頭だけではどうにもなりませんでした。

わたしにその答えを教えてくれたのは、アロマセラピーでした。

アロマセラピーを通して出会った人達でした。

そして、アロマに出会う前から見守っててくれた周りの人達でした。

その全ての人達との関わりの中で、少しずつ少しずつ

自分が幸せじゃなきゃ、誰も幸せに出来ないんだって。

だから思いっきり生きろって。笑えって。

泣くんじゃなくて、いつの日か空の上で『わたし思いっきり生きてきました。』

そうやって報告出来るようにって。



けど心の奥の奥の方で、そう思うのはエゴなんじゃないか。

自分が生きやすい様に勝手にそう思ってるんじゃないか。

って時々。今はホントの時々。

何故なら結局は自分の心の中で勝手に結論づけて決めたことだから。


人には少なからず誰にでもあると思うのです。

『自分だけが良いんだろうか』『こうしてて良いんだろうか』

そうやって今ある自分自身の存在を、否定的な感情で見てしまう時が。

P3090577.jpg

その日は本当に久々に本屋へ行きました。駅地下の「さわや書店」さんです。

震災のコーナーが出来ていました。

そこでこの本に出会いました。

42行の詩集でした。

立ち読みしていくと、ある言葉のページで手が止まりました。

P3090573.jpg

P3090574.jpg

頭をげんこつで、胸を掌で、強く、そして溢れる程の愛情を持って殴られた様な気がしました。

その詩はとても静かにわたしに語り続けました。

自分がここ何年間で思い、考え、感じてきた事が

ただただ優しい言葉で綴られていました。

それでいいんだ。と言ってもらった様で、気づくと人目をはばからず泣いていました。

泣きながら見守ってくれた人達の顔が次々と浮かんでいました。


あくる日、本のお金を持って再び本屋へ行きました。

震災のコーナーで、これとは別の本を手にとっている1人の女性がいました。

この本に出会った日の自分と同じように、その人は泣いていました。

とても悲しいことがあったのかも知れない。

横に並んだまま、

(泣かないで。今日は泣いても、どうか明日は笑っていて欲しい。)

願いました。


盛岡の街。人々が行き交う中で、思うときがあります。

普通に見えて、心の中で張り裂けそうな程に泣いている人がたくさんいるのかも知れないと。


けれども最近、こんな風にも思うんです。

普通に見えて、心の中でバンザイしたい程に笑ってる人がたくさんいるのかも知れないと。


ずっと準備してきたプロジェクトが上手くいった。

受験に合格した。

プロポーズのOKをもらった。

子供が産まれた。

育ててた花が咲いた。

初めて作ったご飯レシピが美味しく出来た。

友人との会話を思い出し笑い。

今日は久々の休みだー!


とか・・・。


悲しいの後には必ず嬉しいが、楽しいが待っているから。
産まれてから死ぬまで、一生を掛けてそれだけは平等だって思いたいから。

能天気だと言われても、きれいゴトだと思われても

(誰かが哀しんでいるかも)と思うより、(誰かに笑っていて欲しい)と願いを込める方が、本当にその人が幸せになってくれそうな気がする。そう思った。

P3090575.jpg

挿絵がとてもあたたかく、柔らかいんです。

表紙カバーの質感も紙だけど温もりを感じます。


明日また、いつもの様にこの詩を詠みたいと思います。


人生を楽しんで。

どうか明日も

ほほえみを忘れないで。



スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/03/22 07:00] | # [ 編集 ]

Re: 魚座の奥さまへ
直接の返信の仕方が分からなかったので、コメント欄にてお返事いたします!

水曜日はパタパタと滞在時間3分(悲)
せっかく行ったのに、マスターの珈琲飲めず無念でありました(T‐T)

わたしは占星術全然詳しく無いのですがi-201
今のこの時代、魚座さんの持つ12星座イチの『優しさ』がとても大切になってくるそうです。

奪い合うより、分かち合う。
それを大切に思う人には『良い事、良い方向』なのかな?

逆に、人より多く欲しい。自分さえ。そう思う人には生きづらいのかな?

『音楽』も海王星の象徴するものの1つなのだそうです。
素敵な音楽と珈琲で幸せになってくれる人がますます増えることを願います☆

いつぞやのわたしの様に、きっとそのお店に救われる人、たくさん居るんだって思います。

また、今度こそゆっくり遊びに行きま~す!!
体に気をつけて、どうぞお元気でいてください(^-^)


[2012/03/23 21:12] URL | リルミー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/300-5a57fcd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)