LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

LittleMe開業日記⑩
『温泉へのご報告。マユミさんのこと。』

店舗を借りていた温泉の社長さんへの報告は、勇気が要りました。

『辞める』と言ってしまったら、本当にこれまでの3年間に終わりを告げることになるからです。

この前みたいに逃げたり、後戻り出来なくなるからです。

戻る場所があるから、今まで悩んだり出来たんです。

社長さんは銀座の一等地で長年エステサロンも経営してきた人でした。

だから、この世界の厳しさは充分に知り尽くしています。

当然のことながら、

『温泉の中とは違ってそう簡単には行かないぞ。本当に良いのか?』

と心配の声が返ってきました。

でも、もうここに甘えるわけにはいかないのです。


この温泉サロンで働くことになった経緯はこうでした。

今から5年以上前かな。わたしはアロマトリートメントの練習モデルさんを探していました。

アロマの資格を取る時は、スクールによって人数は異なりますが、何人かの人にトリートメントをして、カルテを作って、提出する。これを『ケーススタディ』と言います。

このケーススタディをこなして、やっと試験が受けられるのです。

わたしが1番初めに通った岩手のスクールでは5人に1回ずつ。プラス10人に2回。計25回分のケーススタディが必要でした。

その頃住んでた県南に、知り合いはたった1人しかいませんでした。

市の陶芸教室で出会ったユミちゃんです。

ユミちゃんの友達の友達、そのまた友達。

それが温泉サロン初代店主の『マユミさん』でした。

紹介でマユミさんにトリートメントのモデルさんになってもらえる事になりました。

場所はその後わたしが勤めることとなる温泉サロン。

2回のケーススタディが終わった後、交流は無かったのですが、

その数ヵ月後、突然マユミさんから電話が来ました。

『手が荒れてしまって、1週間だけサロンを手伝ってほしい。』

アロマスクールの合格通知が届いてから、7日後の出来事でした。

無我夢中の1週間はあっと言う間に過ぎ。

トリートメントで初めてお金を頂いた時、正直(いいのかなぁ・・)と思ったけど

それまで働いて手にしたお金の中で1番重みがありました。

最終日の夜、マユミさんが1通のメールをくれました。

『どうもありがとう。温泉の人達も、わたしもみんな美香ちゃんが大好きだよ!

 またいつでも遊びに来てね。』


このメッセージがただただ嬉しくてね・・。

この数ヵ月後、わたしは1人で仕事とアパートを探すことになるのですが、マユミさんの

『大好きだよ。いつでも遊びに来てね。』

この言葉が胸に残っていて、住む場所を探した際、

友達も親戚も居ない、何の所縁もない、温泉サロンがあった土地に住むことにした、そんなところもあるんです。。


誰かの何の気ない一言が、その人の人生を変えることがある気がします。

震災でお住いを無くされた女性がいました。自分と歳もそう変わらない独身の方です。

地元で頑張ってらっしゃったのですが、どうしようもない事情で

悩みに悩んだ末、内陸に引っ越してくることになりました。

住む土地を探す中、どの役所に言っても『身分証明書見せてください』とか事務的な対応で。

内陸の人は冷たいと思ったそうです。

役所の人も仕事なのは分かってる。
ここでわたしがブーブー言ってもショウガナイのは百も承知ですが

仕事も住まいも探している時、身分を証明してと言われるのはすごくドキっとするんですよね・・。

ましてや震災でその人の責任じゃないんです。

そんな中、県南のある役所に行った時のこと。そこの窓口の方が

『よぐ来てくれました。ようこそ○○市へ!

 まぁ、まずはお茶っこでも飲んで、さぁさぁ、座って座って。どうぞどうぞ。』


そう言って笑顔で出迎えてくれたそうです。イーハトーブだね・・やっぱり。

その女性は、それこそ縁もゆかりも無いその土地に住むことを決めました。



悲しい思い出がたくさんの土地を離れられない理由。色々あると思うんです。

震災に限らずです。

その理由は責任だったり、残された義務をまっとうする為だったり、その土地に思いがあるからだったり、自分へのケジメだったり・・・、色々。

でも決して誰かに首根っこ掴まれて、そこに居ろと言われてそうしてる訳じゃありません。

自分で決めてそうしてるんです。そうでした。

だから誰のせいでもないし、誰かを責めても何も生まれない。

みんなそれを分かってて、でも行き場のない気持ちに時折襲われて、それでも毎日を頑張って。


やっぱり言葉って人を救うって思う。

愛してるよ、大好きだよって誰かが言ってくれたら、生きていけるんです。

そう思います。


わたしもここに来てくれる、想ってくれる人たちが大好きです(^-^)


おっと、話がベリーロングになってしまった。(そしてここからもロング・・)

マユミさんの事に戻りますね。

1人の引越しが住んで1ヶ月近く経った頃、わたしはマユミさんを訪ねてみました。

緊張したけど、会いたかったんですよね、あの方に。

温泉は365日年中無休、でもマユミさんの体は1つ。毎週火曜日に定休日を設けていました。

でも温泉サイドとしては、なるべく休んで欲しくない。

『もし良かったら、定休日の火曜日だけ、サロンを手伝ってくれない?』

そう言われました。

夏は蛙の合唱、そんな田んぼの田舎町でアロマの仕事に就けるのは奇跡でした。

週1回頑張るうちに、少しずつ出番を増やしてもらえる様になりました。

その1年後、マユミさんは体調の関係、そして次の人生へ進むためにサロンを辞めると言いました。

マユミさんが側から居なくなるなんて考えられない。

一緒に店ごと閉めよう、青森帰ろうと思いましたが、話し合いの末、自分が引き継ぐことになりました。

この時逃げなくて良かった、だから現在があります。

この様にわたしのアロマセラピストデビューは、マユミさんが居てくれなかったら、始まりませんでした。

そう、この3年間、次へ進むための経験と時間をもらった。

やっぱりここに甘えてるその時期は終わったんです。

季節はもうすぐ春、生まれて初めて、本当の意味で自分の足で歩き出す時です。


マユミさんは人を惹き付ける魅力がハンパじゃありません。

こんなに正直でパワーと行動力があって、涙もろくて優しくて。寂しがり屋で。

トリートメントの時も、巻き髪とアイラインもバッチリで(笑)美人さん。

そんな人会ったことありませんでした。

次の人生・・・、今は一ノ関駅前で居酒屋さんを切り盛りしています!

赤いちょうちんが目印の『居酒屋杏庵』さん。 (詳しくはこちら)

この不況の中、いつも満席です。

カウンターなんてマユミさんに会いたくて足しげく通う人達がズラ~っと占領。

主におじさん??(笑)。カップルや若い人達も楽しそうにのれんをくぐって来ます。

1人で行っても隣の誰かとすぐ仲良くなれるんです。マユミさんの話術だな。

前に一ノ関まで会いに行った時、お店を覗いたら薄いアタマがカウンターに並んでて(笑)席が無い!そのままこっそり帰ったことがあります。それくらい居心地のいいお店。

友達連れてったら、安い美味い!そしてマユミさん面白いお姉ちゃんだと言ってました。

一ノ関へ行く機会がありましたら、ぜひ♪

この方が『サロンを創る』という事のお師匠さんで良かったです。

まきさんが開業の恩人なら、マユミさんはセラピストの恩人。

形通りじゃない、マニュアル通りじゃないセラピストというものを、1年間間近で見せて頂きました。

一生掛かっても、この人の魅力には敵わないけれど♪それでいいんです(^-^)

ずっとわたしの憧れのマユミさんです。


温泉の皆さんへの報告が終わりました。

次は最後、今までお世話になったお客さまへのご報告です・・・。

カレンダーは2月も3分の1を過ぎようとしていました。

スポンサーサイト
コメント
こんにちは♪
釜石のakiです。
開業日記、毎日たのしんで読んでます。

よ市、始まりましたね~。
私も、子供を保育所に預け、来週からベットメーキングの仕事を
始めます♪
スリムになって、また材木町、ミカさんのお店に行くのを
楽しみにしてますね。
[2012/04/17 12:43] URL | aki #Ykefbekc [ 編集 ]

人生ってオモシロイ
まさに、私にとっては美香さんが、マユミさん的存在です!
スクールで出会えたことに感謝です。
一緒じゃなかったら、私、途中で辞めてました。
連休中、岩手に帰省するので遊びに行けたらいいなぁ~と思っています。
[2012/04/17 20:51] URL | Roco* #- [ 編集 ]

Re:akiさまへ
akiさんこんにちは!
お仕事始められるんですね。
保育園、空きがあって良かったです♪
釜石はどうか分かりませんが、どこも待機児童が多いと聞いてました。

お仕事、同じベッド繋がりですね(笑)無理な体勢もあるかと思います、腰にはどうぞご注意くださいね☆
←最近くしゃみをしたらグキってなって、歳を感じました・・。

スリムになる必要は全くございませんのでっ、またお会いできる日が来ると良いです♪

[2012/04/18 11:23] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]

Re:Roco*さまへ
Rocoさん、スクール卒業してから2年、色々ありましたね~。歳も取ったわ~。
人生何が起こるか分からない、という言葉の意味。これほどまでに思い知る出来事が1年後にあるなんて、あの時は誰も思ってませんでしたね。
あの半年間はホント余裕が無く、最後撮った集合写真もみんなやつれてたね(笑)

自分がマユミさんなんて、そんなそんなi-201i-201

わたしもスクールで出会えて良かったです。
Rocoさんのアロマに対するピュアな気持ち、間近で見てて自分も初心に帰れました。
先生が言ってた通り、半年で1番変わったのはRocoさんだったもの♪
スクール以外でも、揃って2回東京にも!試験受けに行ったしね(笑)

また再会できる日を楽しみにしてます。たくさん近況報告し合えるのが待ち遠しいです。

※相馬屋のパン食べた。・・・最高!福田パンさんごめんなさい。わたしは相馬屋に魂を売りました。
[2012/04/18 11:32] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/321-8c4dec9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)