LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

  • 03/19:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

LittleMe開業日記⑫
『背中を押してくれた言葉』
温泉を去る際、お客さまからたくさんのお言葉を頂きました。

中には勝手な自分のために『寂しい』と涙を浮かべて下さったもいらっしゃいました。

そしてその後で必ず、『寂しいけど、頑張って!』と。

その頃の日記には、頂いた言葉が全て書き残されてます。

久々に読み返しました。


自分の人生、頑張って!!

寂しくなるね、3月中にもう1回来ますね。

初めてここに来た頃が1番辛かったんですよ。今は少し落ち着きました・・。
やわらかい手でした。

いつかまた、お会いできますように。

あなたの顔見れて良かったよ。話してると楽しかったよ。
(80歳のおじいちゃんだったな・・)

第二の人生、決心したならば頑張れ!!

もう1回だけ受けに来ちゃいました!

今がきっと変化の時なんだよ。頑張って。

決めたなら途中で止めないで。苦労した経験は必ず実を結ぶ。

また会える気がするよ。

話してるとお互い元気になって希望が沸いてきたね。

女って強いなー。

あなたの手が大好きだったのよ・・・。



辞めます。そうお伝えする度に、2年前の2月、3月は何度涙したか分からない。

今読み返しても、グッとこみ上げてきてしまう。

こんな言葉を掛けて下さるお客様と離れてまで、自分は何処へ向かおうとしているのだろう。

優しい言葉を掛けてもらう度に、引き返したくなる。

けれど、それ以上に『辞めます』と口にした数だけ、自分の心に

『だからもう進むしかない』と呪文の様に言い聞かせているような、そんな感じがしました。


その中で、自分より10歳程上のヒロコさんという方の言葉は、開業してから予約の無かったあの頃も、今現在も頭をよぎることがあります。

ヒロコさんはすごく褒め上手で、施術が終わる度に

『アロマってすごーい!気持ちいいー、あぁ気持ち良過ぎるー!!』

毎回外人バリのリアクション(笑)そして毎回かなりの遅刻をしてくる、コレ困る(笑)

天真爛漫なセールスレディさんでした。

そんなヒロコさんが最後に掛けて下さった言葉。

『残念だー。でも・・・きっと盛岡にもアロマ求めてる人、いっぱいいるよ。

暇な日も、

『この盛岡の空の下。どこかにアロマを必要としてくれてる人がいるとしたなら、その人に会える日を信じて頑張ろう・・。』

そう思ったものです。


温泉を辞めようと思った理由、色々書きましたが、もう1つ。

3年間を振り返ってみて

『ここで会うべくして出会えた人達、全員に会えた・・・。』

そう感じました。

人生は出会いの旅です。

予想もしない出会いもあれば、前世とかあんまり分からないけど、また生まれ変わったら会いたいと探してた人。

この世に生まれ落ちた瞬間から、また再び帰る日まで、どれ程の出会いがあるのでしょう。

何の所縁もないこの場所へ来たのはきっと、

『この人に会いたかったからなのかも知れないな。』

『あぁ、わたしずっとあなたに会いたかったんだなぁ。』そして・・・

『こうして出会えて良かったです。』

そう思える大切な出会いがそこにあったから。

学校でも、社会へ出ても、その場所で知恵や経験を得て、お金では買えない財産を築いていきます。

そして見送ってくれる笑顔に手を振りながら、雪解けの春を待ち、人はまた次の旅へと出発します。


勝手に辞めるのですから、また会いたいとは言えないし、その想いにすがっていては逃げ場をつくることになる気がしました。

会えないの覚悟で辞めるんです。

けれど、もしもまた会えたなら、それはとびきりの幸せです。

離れてしまうけれど、同じ岩手の盛岡でサロンを創ります。

いつかまたお会いできたら、その準備が出来たら、きっとまた必ずお手紙書きます。


2月の末、お世話になったお客さま方にお葉書を出しました。



その頃は目が回る忙しさでした。

残されたサロンでの大切な日々とトリートメント。

それ以外は、打ち合わせ等で盛岡と県南を行き来。開業書類作成などの事務作業。住まいと店舗の引越し段取り。サロンの引継ぎ・・・。

そして、休みの日は仙台のアロマスクール。

3月末にはセラピスト実技と、アロマインストラクターの筆記、ダブルの試験を控えていました。

そんな中、お客さまが持って来てくださったもの。

手作りのお弁当でした。

『ご飯作る時間も無いかと思って。良かったら食べてね。』

201003121708000.jpg

201003121709000.jpg

ガラスのテーブルにポタポタ涙を落としながら食べました。

ご予約の合間、ゆっくり食べる時間も無く。でも、お米1つ1つの甘みが、体中の細胞に染み渡るようでした。

今でもこの写メは消せないんだな・・・。

そして、今もLittleMeの棚から毎日見守ってくれてるこの刺繍。

『まだお店の名前決まってないと思うから・・・。ミカちゃんの部屋みたいなお店を創れるといいね。』

あゆこさんの刺繍

自分を取り囲んでくれる、ローズマリーにレモン、カモミール。スイートオレンジ、ラベンダー。そして・・・

『精油には無いけど、ミカちゃんは青森だからリンゴもね♪』

この贈り物を頂けたから、LittleMeのマークはリンゴにしよう。そう決めたんだ。


お客さまへのご報告という、1番大事なことを終え

次のやるべきこと、店舗の契約です。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/325-b449888a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)