LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 07/24:リルミー

  • 07/22:まい

  • 07/18:リルミー

  • 07/18:リルミー

  • 07/18:リルミー

  • 07/18:まい

  • 07/18:まい

検索フォーム

QRコード

QR

LittleMe開業日記⑭
『家を探す』
店舗の次は自分の住みかです。

盛岡へ行って探す時間は無かったので、インターネットと電話で4社程の不動産会社に物件探しを頼みました。

3月ともなれば、もう良い物件は残っていません。

それにしても盛岡の家賃は高い・・・。

悩む余地すら無い状態だったので、1番電話対応の感じが良かった会社が紹介してくれた部屋を見に行くことにしました。

電話の相手は相馬さんという女性でした。

物件を見に行ったその日、こちらの急な訪問だったので相馬さんはお休み。

代わりに案内してくれた別の方、石川さんに

『電話だけのやり取りでしたが、何か安心感を覚えたんですよねぇ。

 お会いしたいと思いました。相馬さんに宜しくお伝え下さい。』


そう言うと

『相馬も板谷さんに会いたがってたんですよ。』と教えてくれました。

話をしていくうちに分かったのですが、相馬さん、わたしと同じ青森市出身。

しかも隣の中学。歳も1個しか違いませんでした。

お互いすっかり津軽弁が抜けていたらしく♪電話では青森県民同士だと全く気づかず。

『はぁ~、こんなことあるんですね。何だか勇気もらいました。

 実は春から材木町で店をやりたいと思ってるんです。

(店やるんです!じゃなくてやりたいと思ってる。って言ってる辺りがまだ根性足らん。)
 それで引越しを・・。』


そう石川さんに伝えると

『もしかして、あずばる舘ですか?』

・・・何??何なの!?石川さん、もしやアナタ、エスパー!!

マジでビックリたまげましたよ。
何で材木町ってフレーズだけであずばる舘が出てくるのですか!

『あずばる舘のモニュメントありますよね?ブドウのモニュメント。

 あれ、わたしの友人が造ったんですよ。

 
・・・板谷さん。お店、絶対にやった方がいいですよ。』

落ち着きのある静かな声でそう言われました。

DSC00516.jpg

相馬さんが青森ってことだけでもかなり背中押されたのに、コレは一体!

その言葉をわたしは神様の声だと思っていいのですか・・・。


何でもかんでも、起こることに対してそれをメッセージだと捕らえてしまうのは、少し違和感を覚えます。

理由なんか無いことの方がたくさんだし、自然。

笹の舟がゆらゆら小川を流れて行くように、辿り着くところへと流される。

けれどこの時ばかりは自然の中に『必然』を感じた。

『トドメの一発』って気がしました。


物件を探し始めてからここまで、本当に様々な出来事が背中を押してくれました。

一生分の偶然使い果たしちゃったんじゃないかというぐらい。

けれども『これでもか、これでもか。』という程の偶然が1つでも欠けていたら、

きっと途中で諦めてしまってた位、盛岡でサロンを開業すると言う事は自分にとって大きなことでした。


住まいを借りる際も連帯保証人が必要でしたが、これは『保証協会』という制度を利用しました。

前年度の収入審査が通れば、保証会社に1ヵ月分の家賃を払い、代わりに保証してもらうと言う制度です。

今は『無職』という立場の自分。

その審査を助けてくれたのは温泉時代の信用でした。

青色確定申告で黒字利益だったそれまでの3年間。

もしも申告していなかったら、公的に収入を証明できるものも無かったし、

何より赤字決算だったら審査が通らなかったでしょう。

店舗を借りる時は過去の自分にありがとうを言いましたが、

ようやく無事に住まいを借りられた時は、温泉時代のお客様に

『今まで皆さんがお店に来てくださったおかげです。ありがとうございます。』

そう思いました。


新しい城は、それまでの5分の1の広さ。北向きの部屋。

家賃も予算オーバーだったけれど、このお2人が見つけてくれた物件なら。

即決しました。

温泉サロンと共に、大きな家財道具も手放す準備を始めようか・・。

次は引越し、桜のつぼみが準備体操をし始めた頃、3年間住んだこの土地を離れます。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/337-f4443b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)