LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

  • 03/19:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

LittleMe開業日記⑯
『引越しのこと、千葉社長のこと。』

3月末、アロマセラピスト実技試験とスクール独自の筆記試験、

同時に温泉サロンに別れを告げ、県南でお世話になった方へのご挨拶まわり。

一ノ関、胆沢、水沢、江刺・・・。

どんなに時間が無くてもこれだけはしっかりやっておきたかったことでした。

お1人お1人に挨拶しに行く度に、全く知らない土地で、ゼロからこんな優しく温かい人間関係を築けたことに改めて感謝し、

『自分は確かにちゃんと此処にいたんだ。』そう思いました。


そうして・・なんだかんだで気がつくと引越しまであと5日しかない!!

この大量の荷物をどうしよーか。

リサイクルショップに売れるものは売って、でも全然片付きません。

何と言っても手持ちの荷物を5分の1にしなくてはいけないのですからっ。

その時力を貸してくれたのが『千葉社長』でした。

温泉に出入りしていた造園や設備業者の社長さんです。

廃棄物処理も行っていました。そのトラックを1台出動させてくれたのです。

残った不用品を荷台に積めるだけ積んで、一手に引き受けてくれました。

これは本当に助かった・・。


千葉社長は温泉時代の3年間、折に触れて『美香ちゃん元気か~?』と声を掛けてくれました。

宮澤賢治に良く似てる千葉社長。

野菜で言うと・・・メークイーン。長細いジャガイモ。(ゴメンナサイ社長)

そして顔に似合わず占いが好き、なんて乙女な一面も(笑)

時々(勝手に)わたしの運勢も占ってくれました。

奥さんと二人三脚、血の滲む様な努力をして、今の会社を創り上げた千葉社長。

そんな社長の話は、心に響くものがあって、いつも元気をもらったものです。

きっと離れて暮らす学生の1人娘さんの代わりに、わたしとお喋りしてくれてたんだろうなぁ。

温泉辞めますと言ったら、『俺、寂しくて泣いちゃったよ。』そう言ってくれたっけ・・。

そして、最後に一言。

『2010年は美香ちゃんにとって種蒔きの年だ。

来年に向けての種蒔きの年。絶対に焦らず、諦めず、辛抱強く。

きっと花が咲く日が来るから。頑張れ、頑張れよ!でも寂しいな~。』


・・・最後の占いをしてくれました。


開店してからも3ヶ月に1度、突然メールや電話を下さり

『元気か~美香ちゃん。お客さん来てくれてるか?』

わたしは『うん、おかげ様で忙しくしてますよ~。』 嘘をついた。

でもきっとお見通しだったんだと思います。最後の言葉は必ず

『今は種蒔きです。頑張れ美香ちゃん!』だったから。


賢治でジャガイモで、乙女な千葉社長。

リトルミー日記を始めてから1年くらい、わたしがいつも

『今は種蒔き、きっといつか花が咲く。

小さくともとびきり美しいであろうその花を、芳しいその香りを

お客さまと一緒に見れたらいいです。』


そう綴っていたのは、乙女な社長の最後の占いが、希望の支えとなっていたからです。


今は仕事が来過ぎて、人が足りず大忙しの社長の会社。

そんな中トラックまで出して頂き、本当にありがとうございました。

オラの人生で1番綺麗だった瞬間の写真。重過ぎる思い出の数々まで引き受けて下さり(笑)

捨てるのにはすんごい勇気要ったけど、アレでかなりケジメがついたんですよ。

荷物の量以上に、心を占めていた場所、広くなりました。

捨てた分だけ、きっと今の自分だから見つけられる宝物に巡り会えると信じます。

この感謝の気持ちは、大事に使っていた大型冷蔵庫1台でお返ししました。


無事部屋が片付き、いよいよホントーに引越しです。

水沢インターから盛岡へ向かう高速道路。

前を走る引越しトラックにはニッコリ笑うパンダの顔。

後を追うわたしの顔も満面の笑み。なんて風にはやっぱり行かず・・。

『この先には何があるんだろう』

期待より不安がはるかに勝ってしまう。そんな有様でした。

2010年4月12日。

助手席には全財産入ったカバンが1つ。そして

あゆこさんの刺繍

この額に入った刺繍だけは、ダンボールじゃなく、大事にバスタオルに包んで持って来ました。

車のミラーに映る、オニガワラの様な強張った顔。

その緊張をほどく様に、『大丈夫、大丈夫』と時折バスタオルを撫でながら盛岡へと向かいました。

5年ぶり、再びこの地でスタートです。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/339-5abeabb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)