LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 05/30:ちか

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

検索フォーム

QRコード

QR

ここに居る
10日ほど前になりますが、3年目、最初の休みは海を見に行ってきました。

宮古へ向かう106号線。途中から峠を越え、大槌へ。

P5311168.jpg

この日は天気が良く、青と白のコントラストがとても綺麗でした。

P5311171.jpg

この日は

『しっかりと海を見ておこう。』

ただそう思って来たので、何一つ計画はありません。

仕事や誰かに会う用事ではなく、こんな風にして来たのは震災後初めてでした。

大槌を抜け、釜石に差し掛かったとき、思い出したことが。

『あぁ、そうだ。あの場所へ行きたい。』

P5311176.jpg

P5311177.jpg

『釜石大観音』です。

去年の11月。釜石にアロマをしに来た時、自分と約束していたのでした。

『後ろ姿しか知らない観音様。きっとそのお顔を見に来ますから。』

P5311181_20120611220520.jpg

スッとした立ち姿も美しいです。少しドキドキしてきました。

P5311184.jpg

本当に綺麗な空。花も天に向かって咲いていました。

P5311182.jpg

辺りには藤の花の甘い香りが漂っていました。

そんな甘美な香りに包まれながら進んでいくと、見えてきました。

P5311183_20120611221939.jpg

観音様のお姿です。ここから毎日変わることなく、この海を見続けている。

P5311191.jpg

空の青に負けない位、美しい海でした。

P5311192.jpg

観音様のお腹の中(胎内)に入って、上まで登ることが出来ました。

P5311194.jpg

中にも大勢の観音様達のお姿がありました。

そして、階段の途中途中には『七福神さま』が待っていてくれます。

最初は弁天さん。『べっぴんになりますよーに!』MAXチカラを入れて拝みます。

最後は大黒さま。この大黒様のお顔がとっても素敵だったんだな、これが。。

P5311202.jpg

P5311203.jpg

なんていいお顔!

(南海キャンディーズのしずちゃんに似てるなぁと・・。)

仏像様を見て、こんなにもHAPPYな気持ちになったのは初めてでした。

・・・随分ホッとさせられました。

てっぺんまで来ると、更に遠くまで海を一望出来ました。

島と島の間に見えるのは防波堤の工事風景でした。

P5311200.jpg

海を見て綺麗だと思ったんですよ。

観音様の中に入って、ぐるぐる登って楽しいとも思いました。

再び階段を下り、外に出てきて、チクリと罪悪感を感じました。

そんな感情を持った自分は・・・。一瞬やっぱりそう思いました。

そしたら売店の方が

『ありがとうございます。あっちの方は見ましたか?

 どうぞごゆっくり見て行ってくださいね。』


明るい笑顔で話し掛けてきてくれました。

たくさんの涙がこぼれたあの日からまだ1年と3ヶ月。

P5311216.jpg

それでも、こんなにも。

P5311217.jpg

たくさんの人に見て欲しい。来て欲しい。そう思いました。

花達も見ていました。潮風に吹かれて見ていました。

P5311218.jpg


既に夕方。明日は仕事。

ここで帰ろうかと思っていましたが、もう少し南下することにしました。

ここから先へ行くのは、震災後初めてでした。

大船渡を超え、陸前高田へ着きました。

P5311226.jpg

1本だけ高田松原の松の木が残っています。

毎晩、わたしの枕元を照らす貝殻のランプ。それを買った道の駅もありませんでした。

今でもLittleMeの施術スペースに飾ってある紫陽花のリース。

P6111370.jpg

これもその時一緒に買ったものでした。

初めて訪ねたのは2010年12月。

親族が急に天に召されて、虚無感と現実味の無い感じとぐちゃぐちゃで。

そんな時友人が、大船渡の碁石海岸。穴通磯。山田町。そして陸前高田と。

海を見に連れて来てくれたのでした。

冬なのに虹が掛かっていたのを憶えています。

P5311229.jpg

P5311230.jpg

泣きに来たんじゃない。大槌、釜石でそう思ったのに

やはり実際この場所へ立つと、込み上げてきます。

P5311224.jpg

P5311225.jpg

泣きに来たんじゃない。

けれども現実は余りに。

そしたら、この風景が目に飛び込んできました。

P5311236.jpg

あの日のまま、窓ガラスも無い建物の前で、中学生の男の子達が白球を追いかけていました。


何も無くなんてない。大事なものはちゃんとここにある。

腹の底にぐっと力が入った気がしました。

思わず車の窓を開けて『頑張れー!!』と叫びました。

叫んだ後で、もう充分に頑張っているのにと思ったけど。

ありがとう。ありがとう。

P5311237.jpg

この夕暮れの中を、ジャージ姿の子がたった1人、下校していました。

その子の目にはこの風景がどう映っているのか、そして毎日何を思いながら歩いているのか。

それはいくら考えても分かりません。

(今日も無事、家まで着きますように。)背中を見つめていました。

P5311238.jpg


ちゃんとお昼を取らず観音様を見ていたので、急にお腹が減ってきました。

ここまで来たら・・・

思い切ってあのお店に行くことを思いつきました。

3年目スタートの晩餐にふさわしいお店は、世界中探してもあそこしかないっ!!

それは・・・気仙沼の『ゆう寿司』さんです。

(以前ゆう寿司さんのことを書いた日記はこちら

気仙沼。ここも去年アロマをしに来た時、またきっと来ます。お寿司食べに来ます。

そう決めていたところでした。

もうこれは1年に1度の贅沢をして、スタートダッシュの勢いをつけよう!

諭吉を1枚握り締めて、『こんばんは~』

P5311239.jpg

ホヤの酢の物はあるけど、刺身は初めてでした。

あぁ、ビール飲みたい。そして、そして、待ってました!

P5311242.jpg

じゃーん!なんと美しい~。

ええっと、ウニが2カン?と言うことは、ウニに始まって、ウニで終われってことですかっ?

あーん、幸せ~。

回らない寿司なんて、3,4年前にこのゆう寿司さんに来た以来です。

『お客さま、ありがとうございます!おかげでこんなお寿司食べられます!』

そう声に出して『いただきます』しました(笑)


そして、最後にサプライズが。

この、ゆう寿司さんを教えてくれた気仙沼に住むお客さまが、偶然のれんをくぐって入って来たではありませんか!

もう、10カンで15カン美味しい。そんな驚きでした。

『3年目のスタート。やっぱり今日ここに来て良かったです。来られて良かったです。』

そう言うと、大将も奥さんも嬉しそうに笑ってくれました。

『1年後、いや、半年後目指してまた来ます!』

また1つ、目標が出来ました。

P5311214.jpg

今、悲しい時に悲しいと言えてる人。泣きたい時に泣けている人。

何人いるでしょうか。

現実は、1番心を休ませなきゃいけないことが起こった時に、1番頑張らないといけない状況だったりする。

辛いことと嬉しいこと。交互にやってくるのが人生だと言うのならば

今、楽しいと思ってる人。幸せだと思っている人。

その人達には思いっきり笑ってて欲しい。

誰かが思いっきり泣いたり、悲しんだりできる様に、笑える人は思いっきり笑う。

皆が悲しんだら、世界は闇に呑まれてしまう。

それではダメですか。

今日が笑っていられる日ならば、そのささやかな幸せに思いっきり浸る。

そしてもし今度辛い出来事が襲って来たら、その時は自分のために思いっきり泣いてあげようと思います。


観音様とゆう寿司さん。

行きたかったこと。やりたかったこと。

3年目のスタートにそれが出来て良かったです。


さぁ、また気持ちも新たに締まってこー!!

(贅沢した分、財布の紐も締まってこー。)


2012年5月31日『今、ここに居る』


あなたが居てくれるだけで、それだけで嬉しい人がいます。

あなたが泣いたら、わたしは悲しいけど、

その涙は今まであなたがいっぱい頑張ってきた証だから、ドンと受けとめたい。

わたしが泣いたら、あなたも悲しいだろうけど、

・・・わたしはあなたに笑わせて欲しい。


きっとこの先も、この世は闇だけにはならなくて。

闇を照らす光は、1人1人がちゃんと持っているから。

その光は時に誰かを想う言葉であったり、行動であったり、贈り物であったり、笑顔であったり、体温であったり。

わたし達はそんな光の交換の中で、今日もこうしてちゃんと『ここに居る』のだと思います。

スポンサーサイト

コメント

マキ の「き」は「たいじゅ」の樹 いつでも寄りかかりに来て!リスみたいにちょこちょこ騒がしい3姉妹がわらわしますよ~~v-218
[2012/06/13 23:41] URL | こたつねこ #gg06ppQg [ 編集 ]

Re:こたつねこさまへ
見るからに、頼りがいのある大きな樹であります。
まるで材木町の御神木様だね(*´∀`*)

懐もココロも、そんじょそこらの男子より男前で、でっかいこたつねこさん。
いつもありがとう(●^ー^●)
[2012/06/14 21:16] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


笑えるってすごいことなんですよね(o⌒∇⌒o)。
最近ちょっとあって・・・。

次行った時は、『ゆう寿司』と『観音様』にお邪魔します(*^_^*)。
[2012/06/15 19:17] URL | いっちゃん #- [ 編集 ]

Re: いっちゃんさまへ
どうしましたっ?可愛コちゃんに振られでもしましたかっ??

色んなことありますよね・・。

ゆう寿司さん、本当に美味しいです。
観音さま、本当に綺麗です。

無理に笑えるのも強さ。そして、ちゃんと泣けるのは弱さじゃない。
そうわたしは思います。

美味しいもの食べると自然に笑顔になりますね。伊勢うどんと赤福カキ氷。コレはダブルコースで決まりですかね(^-^)
[2012/06/15 21:59] URL | リルミー #- [ 編集 ]


お疲れ様です。

見透かされてしまった( ̄◇ ̄;) 。
まあ、そんなとこです。

『無理に笑えるのも強さ。そして、ちゃんと泣けるのは弱さじゃない。』

すぅーーーと耳に入ってきました。
ありがとうございます。

伊勢の今最新のトレンドは『伊勢焼きうどん』です(*^_^*)。← マジです(*^-^)ノ。

[2012/06/16 22:41] URL | いっちゃん #- [ 編集 ]

Re:いっちゃんさまへ
お伊勢さんにもトレンドがあるんですね(笑)
是非その流行に乗ってみたいものであります。
優しい人は涙を背負ってしまうことがもしかしたらちょっぴり多いのかも知れませんが、
その涙を誰かへの攻撃に変えるより、守れる強さに変えられたら、それはとても素敵なことだと思います。
いっちゃんさんの優しさと強さをわかってくれる周りの人と美味しいうどん腹いっぱい食べてくださいね♪
[2012/06/17 11:45] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/343-75736ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)