LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 05/30:ちか

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

検索フォーム

QRコード

QR

思いを伝えるということ
アロマスクール説明会のお知らせはこちら

もっとしつこくのお知らせはこちらです!

ネイルのモデルさん決まったそうです!!どうもありがとうございました!!




思いを伝えるって難しいですね・・・。

17日の説明会に足を運んでくださった皆さま、

お忙しい中、本当にどうもありがとうございました。

至らない説明も多々あったと思います。

この場をお借りして、お詫びとお礼を申し上げます。


思いを伝える。

17日の説明会、ちょっとやらかしてしまった感があります。

わたしの思い、重過ぎたかも知れません。思い、重い・・・。 _| ̄|○ il||li

アロマのこととなると、加減というか、そういうのが効かなくなるところがあります。

それは自分自身のアロマセラピーを学び始めた過程が深く関わっていると思います。

人それぞれ学ぶ理由は様々です。

香りが好き、自然が好き。リラックス・・・。

わたしが学んだ理由はどれでもありませんでした。

自分にとってアロマは『生と死』両方を意味するものでした。

言葉足らずですが、そうでした。

死を知る中で、生を知る。

表面は元気そうでも、心は死んだように生きていた、

そんな時に出会ったのがアロマセラピーです。


アロマには生のエネルギーが詰まっていました。

精油の小瓶に詰まった植物の生きるエネルギー。

誰かの体温を通して感じる人のエネルギー。

その植物と人間を生かしてくれる空、太陽、風、土・・・この世のエネルギー。

その全てを創った神様のエネルギー。
(エネルギーというよりは力と言った方がいいのか)



そのエネルギーをすぐに感じたかと言えば、そうではありません。

学んでいる時は覚えることがたくさんで、必死で。

アロマセラピーを知って7年余り。

その歳月の中で、たくさんの出会いの中で、自分なりに感じたことです。

今やっとこさ、アロマの1合目辺りに到達したかどうかだと思います。


ザーッと書いてしまいましたが、やっぱり重いですね・・・。(|||´Д`)=3

でも、どう思われても、思ったことは伝えたい。

相手がどう思うかなんて、結局のところ想像でしか分かりません。

それから

次会ったとき伝えようと思っても、次があるとは限らない。

それを知った時から、

どう思われても、感じたことは伝えたい。

そう思うようになりました。


なーんて言いながら、やっぱりおっかない部分もたくさんあるんですよ・・・。

『思いを伝える』って。

わたし昨日デートというものをしました。。

でも仕事がたくさん残ってるのが気になって、リトルミーの仕事もスクールの準備も。

本当はまだもう少しその人の横顔を見ていたいのに、我慢して帰りました。

家に帰って仕事しようと思ったのに、体も頭も重くって、動かなくって、そのままベットに大の字。

結局いつの間にか仕事もせず、泥の様に眠っていました。

夜中に汗ぐっちょりで目が覚めて、悲しくなりました。

汗と自分に対する情けなさで何かグチャグチャでした。

夢も見ました。

お客様の目の前で『ローズマリー』の小瓶を倒し、精油がテーブルにこぼれました。

わたしの腕や指にも原液がついて、ヒリヒリ火傷したみたいに痛くて。

そこで目が覚めました。


今日の午後、店に来ました。

ふと、(どうしてローズマリーだったんだろう)と思いました。

ティッシュにローズマリーとレモン、そしてフランキンセンスを一滴垂らして吸い込みました。

そして大好きな精油の本のローズマリーのページを開きました。

そこには

日々のルーティンワークに追われている時、

混乱した思考を整理したり、

人前での表現力をアップさせる必要がある時にこの精油は選ばれます。

周囲の人に自分の自由な意見や発想を伝えたり、

高次元の世界から受け取ったメッセージを活かしながら、自分らしい手法で表現していくことが大切です。


全ては感じるままに、あなたが心から喜べることを通して形にしていきましょう。

そう書かれてありました。

精油の声が、メッセージを伝えてくれた。そう思いました。


もう一度、ティッシュに垂らした精油が鼻先につく程に近づけて吸い込みました。

夢の中みたいにローズマリーはヒリヒリ痛くなんか無くって

スーッと真っ直ぐ冷静にわたしの心の中に入ってきてくれました。

涙と思いが溢れました。


『全ては感じるままに、あなたが心から喜べることを通して形にしていきましょう。』

安全な食べ物、人々を勇気づける音楽・・・

生きるを表現するエッセンスはたくさんあります。

その中でアロマセラピーが

『生きる』を伝えるために出会えた、わたしにとっての『命のエッセンス』です。


そして、たくさんのエッセンスがある中で、

誰にとっても一番大切なもの。それは

愛を感じることができる『誰かの存在』です。

人は『他者』がいて、はじめて『自分』というものを感じられます。

(アロマトリートメントもそうですね。)

愛されて愛を知ると良く言いますが、

愛することを知る中で、気づけることも多い気がします。

満ちる気持ちも切なさも色々です。


次の説明会は29日(土)です。

やっぱりきっと熱くなってしまうと思います。ゴメンナサイ。。

重さは軽減していきたいです。

そしてローズマリーの冷静さが手伝ってくれて、1回目よりもっと分かりやすくお伝えできたらいいと思います。


失敗したらどうしよう、

嫌われたらこわい、

どう思われるだろう、

見えない未来には恐怖がつきまとう。

頭では分かっていても、そんな思いに囚われて、自分を追いつめてしまう時がありますが

感じるままに表現していこう。

たとえその思いが届かなくても、嘘の思いで固められた状態よりずっといい。

たとえその思いが届かなくても、嫌われても、そこに『愛』があれば、

少なくとも自分のことをこれ以上嫌いにはならないで済むんじゃないかな。


またデートできたら、こんな思いを伝えられたらいいです。

37歳にもなって、全く何やってんだか・・。(。´ー`)

アロマに対する思いなら、周りが引く位熱く語れるのにね。


『思いを伝えるということ』

精油には声がありません。でも、耳を澄ませば、体で感じれば、聞こえてくる瞬間があります。

いや、聞こえてくるんじゃなくて、聞かせてくれる瞬間が。

わたしたちセラピストはその精油が教えてくれたメッセージを

神様が人間だけに与えてくれた『言葉』というもので、目の前に居てくれる人にお伝えする。

それが仕事だ。わたしはそう思っています。

そのために少しでも精油のことを知りたくて勉強します。

右から左へ知識は流れ、忘れて行ってしまうこともあるけれど、

体感したものは忘れません。


日々それを体感させて下さる皆さま、どうもありがとうございます。

これからも熱く熱く暑っ苦しくお伝えしていきたいと思います('-'*)


さぁ、今週も泣いて笑って忙しかったなー。

明日からも頑張るかー。


『思いを伝えるということ』

シンプルだけど難しい。

まだまだ日々修行の、物語の途中です。

スポンサーサイト
コメント
説明会のお礼
先日は説明会を開催してくださり、ありがとうございました!
とても楽しい1時間でした。全然思いは重くなかったです。
実は、リトル・ミーさんでトリートメントを受けたことがなかったので、はじめちょっと緊張しましたが、アロマの香りと先生方の優しい雰囲気でリラックスしてお話を聞くことができましたし、質問したかったこともできて満足の会でした。
校長先生にもどうぞよろしくお伝えください。




[2012/09/21 01:15] URL | けいとママ #n4ddHQ2M [ 編集 ]

Re: けいとママさまへ
けいとママさま、温かいメッセージ、どうもありがとうございます。
すごく、すごく励みになりました。
あの通り、いつも精油に助けられています。
どうやったら伝えられるだろう・・・と考えていたのですが、
『そうだよ、一緒に香りを楽しむ以上に精油のこと伝えられる方法はナシ!!』
そう思った次第です・・。

1時間という時間と香りを共有できたこと、とても嬉しく思っています。
スクールを決める決めないに関係なく、
出会ってみたい精油クン達がおりましたら、ぜひリトルミーに遊びにいらしてくださいね♪
お待ちいたしております(*^_^*)
[2012/09/21 20:13] URL | リルミー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/366-fc15e824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)