LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

  • 07/22:まい

  • 07/18:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

愛に溺れる
感情を表現することは、大人社会ではハズかしいこと。

でしょうか??

昨日、今日

ここに来ると楽しいと言ってくれた。

ここに来て笑って帰っていってくれた。

癒されると言われるより、うれしい。ヘンかな(笑)

電話、メール、お顔とお顔。

この空の下、

結ぶ赤い糸が、あちらこちらで楽しそうにビュンビュン飛びかってる。

そんなイメージ。

P1042165.jpg

その勢いに乗って、

ありがとう!を伝えたい人の胸にビュンって飛び込んでみたら、

そうやって自分が笑ったら、

相手も同じように両手を広げて、笑ってくれる。

照れとか、躊躇とか、そう言うのをちょっと忘れて、

相手がどう思うか考え過ぎないで、

昨日と今日はやってみた。

電話とか、メールとか、今を共有する空気とか、結ぶ糸に乗せてやってみた。

そしたら皆さんホントに笑ってくれた。


本日最後のハグの相手は、将来有望な若い男の子。

歳の差30以上・・・。

ちょっと逃げられたのをムリヤリ(笑)

冷たい手で、新年のご挨拶に来てくれてありがとうございます。


盛岡は寒いです。

その中でも、川に近い材木町は特に寒いです。

遠くから車に乗って、電車にのって、ツルツル滑りながら歩いて・・・。

冷たい手をしてここまで来てくださって、ありがとうございます。


昨日、今日も

何だか溺れてしまいそうなくらい、愛を感じました。

カナヅチなわたしは、思う存分その愛に溺れたいと思います。


愛を受け取ることを

『こわい』とか『申し訳ない』と思わなくて済むようになったのは

今までここに来てくれた方のおかげです。

頂くその愛は、いつも溢れる程で、

その溢れた分は、香りに乗せて、次の方へお伝えする。

それを教えてもらったからです。


生まれてきて 愛されたから、愛することを知りました。

大きくなっても 愛されることばかりを求めました。

中年になって 失って ようやく、それだけでは違うと気づき、

いまになって 歩み寄る。分かち合う。

赤点ギリギリ!?ただ今気持ち良く勉強中です。


さぁ、今夜はこれからホントのお勉強タイムです ―(ノ ◎Д◎)ノ

(スクールの皆さん、19日元気にお会いしましょう♪
 
 予習復習はバッチリですよね!?(^艸^)♪)


想いを伝えて それでも届かなかったら ・・・しょうがない。

とか言いながら、ホントは届いてほしいくせにぃ~。


(大人だから、子供っぽい感じがしてハズかしいから。)

大人も結びつきを求めてます。触れ合いを求めてます。って思います。

少なくとも自分は。

だから『タッチケア(ふれあい)』が原点となっているアロマトリートメントを愛しています。

そして、香りを目の前に、感情を表し、泣いたり、怒ったり、笑ったりする人を

愛おしいと思います。

そこには、お互い個々の人間なので100%ではない時もあるけど、

(わかる~、わかります。)という共感があるからです。

相手にぶつけるだけの感情でなければ、

感情という『水』は時に溢れさせてもいいと思います。

そうじゃないと淀んで腐ったり、反対に渇いてしまうと思うからです。


そのサジ加減が難しいんだけどっ(苦笑)

P1042173.jpg

P1042172.jpg
奈良美智展『君や僕にちょっと似ている』 青森県立美術館

P1042167.jpg

P1042168.jpg
どんな空に見える?その人が思う空でいい。

P1042169.jpg

P1042171_20130110110549.jpg

P1042170.jpg

個展は1月14日(月・祝)までです。

機会がありましたら、雪深い世界へどうぞです♪(必!長靴!!)


今日もお疲れ様でした。おやすみなさい。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/400-b1a1a814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)