LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

時が来るのを
皆さまこんばんは。

段々とムシムシしてきましたね。

前髪の天パ具合で湿度が判る季節が近づいてまいりました。




しかーしながら

そんなジメジメ不快指数も吹き飛ばす、いい時間でした・・。

念願の、

観てきました。

P4282617_20130614210448.jpg

上映開始直後の岩木山のアップから、込み上げる・・込み上げてきてしまう。

菅野美穂ちゃんの津軽弁の完成度が想像してたよりも、だったので

始めの5分は

(吹き替えだけ、あたしにやらせてくれっ!!(顔は美穂ちゃんで))

とズーズーしいにも程がある考えがアタマを巡っておりましたが、


美穂ちゃん、可愛い。。可愛すぎるべっ!!(゚∀゚)


そして、試写会を観に行ったお客さまが

『阿部サダヲと結婚したくなった。』

と言っていたのが、よーくわかりました。


今更ですが、これって、実際の話なんだよなぁ。

本も読んでたけど、あまりに主人公・木村さんのしてきたことが凄過ぎて・・・。


けど、この映画を観に行くって決めてた日の朝、

『こないだ木村さんに会ったよ。

 岩木山神社の近くで、ミラクルなまでの偶然で2度目の再会。』

そんなミラクル宇宙人が、店を訪ねてきてくれたので、

やっぱり実在する方なんだよなぁ。


11年。

実を結ぶまで11年。

・・・長いよ、神様。



P6123044.jpg

この材木町にきて3年。

わたしが毎朝続けていること。

この裏の『酒買地蔵尊様』へのご挨拶。

そして、そこに住みつく猫達を眺めること。

P6123043.jpg

朝、時々、お地蔵様の前に、自転車が停まっている時がありました。

白くて、錆(さび)だらけで、ボロボロの自転車です。

近くには、同じくボロボロのジャンパーを着た、ボサボサ頭の男の人。

猫たちにご飯、あげてます。

警戒心が強いあの子達が、その男の人には心を許してる様に見えました。

(ちょっとジェラシー)

そして、その男の人も

猫たちにだけ、心を開いてる様な感じがしました。

人間には決して開けないような、その心。

本当に服も自転車もボロボロで、

その人を見かける度に、わたしなんかは

(猫たちにご飯あげるより、自分の暮らし大丈夫なのかな)

なんて余計なこと考えたり。



一昨日の水曜日、いつもより、1時間早く店に行きました。

その日もまたいつもの様に、お地蔵様に挨拶をしようとすると

あの自転車が停まっていました。

そして、

傍にはスーツ姿の男の人がお地蔵様に手を合わせて立っていました。

随分長いこと手を合わせたその人は、参拝が終わると

停めてあった、白い錆だらけの自転車にまたがりました。

その日も猫がいました。

P6123042.jpg

でも、その男の人は、猫と遊ぶこともせず、

ただ真っ直ぐ前だけを見て、わたしを追い越して行きました。

ただ真っ直ぐ前だけを見て、自転車を漕いで行きました。

綺麗に整えられた襟足と、シワのないグレーのスーツに身を包み、

この3年間とは違う世界へ行きました。

あえて、強い決心で、猫たちに視線を向けなかった気がしました。

その後ろ姿に心の中で

(頑張れー!!)

そう願いました。



急に世界は変えられない。

またその人は、こっちに戻ってくるかも知れない。

それならそれで。


踏み出せたってことが、素晴らしいんだ。

次見かける時は、自転車新しくなってるかな?

・・動くうちは、ずっと変わらずあの錆だらけの自転車に乗っててもいいよ。

少しずつ、少しずつ。

一歩が凄いんだ。

一歩踏み出せたら、また戻っても、また2歩踏み出せばいいんだ。




リンゴ・・・。

今から10年程前、青森を出て、盛岡へ移り住んだ時のこと。

まだ不慣れな土地で、初めての仕事に就きました。

仕事の1つであった、『タバコの自販機』に商品を補充していると、

急に、一台の軽トラが自販機に横付けしてきました。

そして、乗ってたおばちゃんが、突然荷台のブルーシートをバッサ~っとめくると

『お姉ちゃん、リンゴ好きだが?好きなだけ持ってっていいぞ!』  と・・・。

かなり驚きつつも、岩手の人って、優しいっ!!って思ったのでした。

青森でリンゴ作ってた婆ちゃんを思い出しました。


それから、自分の中では

青森と岩手を結ぶものって?と言ったら『リンゴ』になりました。

そして、

P6143105.jpg

店開く時にも、温泉のお客さまから、リンゴが入った刺繍を頂いて・・

P6143107.jpg

(ロゴマーク、リンゴにして良かったな。)

スクリーン観ながら、そう思いました。

ちゃんとリンゴの花、咲いてます。

デザイナーの冬部さん、図案が出来上がった時に

(わぁ、この花、サクラですかぁ♪(゜∀゜))

なぞと抜かして、スミマセンでした。




映画とっても良かったです。

1つだけワガママを言えば・・・

最後、エンドロールでも岩木山が観たかった!

なので腹いっぱいになるまで観ます(笑)

P8131693.jpg

女の神様だから、べっぴんさんのお岩木さんです。

P8141716.jpg

DSC02129.jpg


時が来るのを待つ。


P1030165_20130614222827.jpg

雪の日だって

CIMG1929.jpg

やがて時が来て。

DSC02048.jpg




その一歩が世界を変えるかも。

一歩踏み出せば、交わる人達も変わってくる。

その出会いが、自分の中の常識さえ、

そして

世界の色さえ、変えてしまい、

P5303025 - コピー

こんな幸せ色。

木村さんご夫婦みたいだなぁ。どうぞずっとお元気で。仲良しで。


DSC02045.jpg

『一つのことに狂えば、いつか答えに巡り合う・・・』かぁ。

またもう一度、本を読み返してみようかな、と思います。


そして、始めてみようと思います。

何年掛かっても、

『リトルミーのアロマBOOK』作ってみようと思います。

BOOKって言っても、初めはA4の紙をコピーしたやつのファイルだっていい。

植物のイラストも、一枚ずつゆっくり描いていこう♪

パステルにしようかな。それとも水彩画?色鉛筆もいいなぁ。

精油のページには、今まで関わった人達との、香りの宝物エピソードを添えよう。

世界に一つだけの、小さな香りの本。

(まきさん、3年前の約束、ずっと大事に憶えてました。)


何でも、1ページずつ。

自分のペースで、自分だけの世界を、自分色に塗っていこう!

完成の『その時』が来るのを楽しみにしながら。

DSC02041.jpg

アダムとイヴの禁断の赤い果実。

食べてみなけりゃ、美味いかマズイかなんて、わかりゃしない♪


踏み出してみなきゃ、この先にある世界がどんな色かなんて、

一生想像のまま。


直感で違和感を覚えたら、真っ直ぐのハンドルを、右か左に方向転換すればいい。

回れ右して、戻ってきたっていい。


そして、いつどんな時でも、一緒に旅してくれる人がいたら

それは素晴らしい人生だな。。


もしも映画を観にいかれたら

どうぞスクリーンいっぱいに津軽の香り、感じてくださいね

へばっ!皆さま、どうぞ良い週末を♪(^-^

スポンサーサイト
コメント

ありがとう e-434
いつも、読むたびほこほこします。
私も早く観に行かなくちゃ。 
[2013/06/17 10:04] URL | 栗坊 #- [ 編集 ]

Re:栗坊さまへ
ただいま~!
今日も無事家路に着けました。

栗坊さん、こんばんは!
わたしの方こそ、いつもメッセージ嬉しいです。

老化の大敵・睡眠不足になっても書きたくなります(笑)


ありがとうございます。


映画…。優しい映画はいいですね。。
釣りバカ日誌とかも(笑)
浜ちゃんみたいな人良いなぁ♪
[2013/06/17 23:18] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/439-f13ae7da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)