LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 06/19:Mikiko

  • 06/08:リルミー

  • 06/06:mio

  • 06/06:リルミー

  • 06/06:リルミー

  • 06/04:さくらいきょうこ

  • 06/04:まい

検索フォーム

QRコード

QR

重ねる
皆さま、おばんでございます。

うっかりにも程がある、そんな一週間を終え

ご無沙汰いたしておりました。


夜になると、磯野カツオばりの「たんこぶ」がウズウズしたり~

いらっしゃいませをしたら、おでこが椅子の角にガツンといきました。

星が見えました ☆○o。.(゜∇゜).。o○☆

(お辞儀が深すぎた模様であります)


お小水が血尿に変身したり~

暑くて寝る時パンツを履かない快適生活を数日間送ったら

お腹が冷えて、ぼーこーえんになりました。

ノーパンツ・ノーライフ。

(やっぱり、おパンツは必要なようであります YE━(゜∀゜)━Sっ!!)



・・・そんな一週間でしたが

パジャマをめっちゃハイウエストでインして復活したので

休みの前にゆっくり綴りたいなと思います。




ヘンな前置きが長くなってしまいましたが

今日はそんなどーでもいい話ではなく、

6日前のお休みにもらった「小さなサプライズ」

あの時と今を繋ぐ「写真館の記憶」を書き留めておきたいと思います。


☆☆☆~~~☆☆☆~~~☆☆☆~~~☆☆☆~~~☆☆☆~~~☆☆☆


色を重ねる。

香りを重ねる。

思い出を重ねる。

重ねて、そして深めるには「年月」というものが必要です。


先週のお休み、盛岡は朝からずっと雨でした。

その日は、前回お知らせしたイベント『色から導く私の香り』の会場写真を撮りに行く予定でした。

会場の名前は『唐たけし寫場』

P7113194.jpg

昭和10年にオープンした写真館です。


わたしがこの写真館の存在を知ったのは、今年の冬でした。

お客さまから、この建物の2階に入っているワインのお店が美味しいですよ、

そう教えて頂いたのがキッカケです。

ネットで場所を調べるうちに、1階にイベントスペースがあることが分かりました。

(そうなんだぁ。見に行ってみたいな・・)

そして出会ったのが、この空間でした。

P7113183.jpg

(ここでアロマセラピーがしたい。)

直ぐにそう思いました。

でも、盛岡の冬は寒くって・・・

当然お部屋も寒くって。

それから数回足を運び、温度を感じ、

ようやく今回のイベントを開催できる季節となりました。




6日前、お休み。雨の中、傘をさして向かいます。

材木町を出て、まず最初に目指すは『盛岡城跡公園』です。

P7113200.jpg

この公園には池があります。

ここは今の時期が一番美しい気がします。

P7113202.jpg

雨が水面に幾重もの円を描きます。

ちゃぽん、ちゃぽん

大きい、小さい、水玉模様。

P7113201.jpg

雨、紫陽花。流るる。ナガルル。


公園を過ぎると、ご神木が見えてきます。

P7113208.jpg

『桜山神社』です。

P7113207.jpg


すぐ傍にある『自家焙煎珈琲・六月の鹿』さんへ寄りたいのをグッとガマン。

(写真撮り終わってから、ね。)


道端の緑も色濃く。梅雨の滴(しずく)でイキイキ嬉しそう。

P7113199.jpg

中津川に掛かる橋を渡り終えると

P7113198.jpg

P7113197.jpg

旧岩手銀行があります。

P7113196.jpg

その角を右に曲がると

P7113195.jpg

5億円が見えてきます。(もしくは遠慮がちに2千まんえん)


そのまま、も少し真っ直ぐ進むと

『もりおか啄木・賢治青春館』があって

P7113193.jpg

その向かいにあるのが

P7113194.jpg

『唐たけし寫場』です。

(着いたー♪♪ ヾ(゜∀゜)ノ)


ウチの店からだと、歩いて20分ちょっとの散歩道でしょうか。


立ち話もなんなんで、では、さっそく・・・

おじゃましまーす!

P7113191.jpg

かわいい感じのエントランスです♪

P7113192.jpg

入ってすぐの左側には、米パンのお店

『しずくいし森の粉屋さん・米米屋』さんがあります。

P7113190.jpg

米粉で出来たパンは、腹もちが良いんだよね~

P7113188.jpg

う~ん、美味しそう♪

そんでもって、ここのお店の方、優しいんだ~。

足を運ぶ度に、嫌な顔せず、中を案内してくださって

『もう少しあったかくなったら、

赤ちゃんやお子さん連れの方も来られるアロマ講座をしたいんです。

よろしいでしょうか・・・?』

と尋ねたら

『わ~、赤ちゃん大好き!!』って(^-^)

P7113189.jpg

そして、もう1つ嬉しかったのが

わたしが、パイロ〇より美味しいと思う『じゃじゃ麺屋・喜作(きさく)』さんの

お弁当も売っていました。

ここのじゃじゃ麺、ホント最高ですっ!


━(゜∀゜)━━!!! グルメレポートに来たわけじゃなかった。

本題、本題。

パン屋さんを奥に進みます。

P7113187.jpg

やっぱりこの場所、好きだな・・・。

P7113186.jpg

3畳のお部屋が別にあるので、授乳やオムツ替えスペースにどうぞです。

P7113185.jpg

冬には雪で隠れていた庭の緑と、赤と和のコントラストが落ち着きます。

P7113184.jpg

P7113183_20130717230503.jpg

講座を開く時は、何度やっても、ちょっと不安になります。

けど、やっぱりこの場所でやりたい。

1人でも多くの方と一緒に過ごせることを願い、

パン屋さんに挨拶をして、写真館を後にしました。




(さ~て、ご褒美。至福の珈琲タイムだ~)

ホント至福なんです。こちらでの時間。

再び・・・『自家焙煎珈琲・六月の鹿』さん。(リンク貼っておきます)

P7113209.jpg

この窓から外を眺めて、ボーっと珈琲を飲む。

あっ、のら猫が何かくわえながら横切っていった。

平和な風景と焙煎の香りで、ちょっぴり不安な気持ちも落ち着けよう。


待ってる間、お店にあった一冊の本を手に取りました。

P7113211.jpg

これは盛岡の「ふだん」を綴っている本です。

ページをめくると

そこには・・・

P7113210.jpg

『唐たけし寫場』の姿がありました。


読み進めるうちに、何にも知らなかったあの場所のことが分かりました。

どうしてあの場所に惹かれたのかが、分かりました。


この写真館は昭和10年6月9日が誕生日だという事。

この写真館を創った「唐武(からたけし)さん」のお父様・武治さんは、

青森県でお医者さんをしていたという事。

武治さんは趣味の写真が高じて、盛岡に明治37年「東北寫真館」を開業した事。

しかし、武治さんが病で急遽され

息子の武さんは、盛岡中学を中退。

10代で写真館を継ぐことになった事。

中退後、すぐに京都に足を運び、当時名の知れた写真家さんの弟子になった事。

京都での修行中に肋膜を患い、東京の叔父宅に身を寄せていた時、

「関東大震災」に遭った事。

無我夢中でシャッターを切り、そのカメラを抱え盛岡へ帰郷。

写真を焼いて、震災の様子を伝えた事。


修行を終え、大正14年に24歳で独立。

昭和10年にあの写真館を開業。


その頃は、本町や八幡町には芸者さんが多く、

新しい着物に稲穂の髪飾りで、正月写真を撮りに来た事。

他にも、節目の写真、花嫁写真・・・スタジオは華やかだった。


そして


戦争が近くなったら、出征前の人達が写真を撮りに来た事。


生きた証に。




この場所に惹かれたのが分かった気がした。

この場所に出会えたことに

貸していただけることに感謝した。



10代で写真館を継ぎ、平成2年、88歳でこの写真館へ永遠の別れを告げた唐さん。

時代はカラープリントが主流となり、

平成9年、写真館としての『唐たけし寫場』は、その歴史に幕を閉じる。




白黒写真から、セピア写真。そしてカラーへ。


けれどどんな時代も、人の心には、その時の思い出が色鮮やかに残ってる。

決して色褪せることなく。

白・黒・茶・・・どんな色の写真でも、記憶は色鮮やかに残ってる。



今回のイベントに申し込んでくださった皆さま、

どうもありがとうございます。


いろんな色を写してきたこの写真館で、

「今、あなただけの色」を、「記憶に残る香り」を感じていただけますよう。



当初、日曜日の開催にしようと計画していたのですが

会場が都合により借りられず、

もし、土日のご要望がありましたら、お寄せいただけるとありがたいです。

美咲さんにお願いして、また仙台から来ていただき

皆さんとこの素敵な場所で、色と香りを重ねてゆけたら光栄だと思っております。




そして、夏休みが終わる頃にも

この場所にぴったりだと思うアロマセラピーをしたいと考えております。

1年間、じんわ~りあっためてきた企画です。

一昨日強力な助っ人さんが現れてくれたので、

一気に実現へと近づきました。

来月、みーんみーんと蝉が鳴く頃にお知らせできたらと思っています。




自由に、気の向くままに、好きなものを撮る。

自由に撮れる。

選べる。

色も香りも、『これから』も。

何だって選べる。


P7113203.jpg

今日もまた、明日もまた

「私」の月日を重ねてゆく。


メモリーズ。

明日の休日は、どんな記憶をカメラに残そう、心に残そう。


休み明け、また元気にお会いできますよう♪

ウエスト、インで。おやすみなさい。


スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/07/18 01:11] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/448-73767462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)