LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

  • 07/22:まい

  • 07/18:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

厨川小学校様 クリーム講座を終えて 『ママ』
前回に引き続き

今日も、アロマ講座の様子を綴ってゆきたいと思います。

舞台は・・・『盛岡市立厨川小学校様』です!


ピッカピカの~ 38年生~ ビシッ。

小学校なんて、お子がいない身には、全く縁遠い場所・・・

テンション上がるーーーー!!!!


今回の講座をご依頼くださったのは、リトルミーのお客さまです。

お母様方に、ぜひアロマの勉強会を。

そう、お声を掛けてくださいました。


なおこさん、めったに出来ない経験を、どうもありがとうございました。




職員玄関を入ったところに、羽をバサ~と広げた

すっごい、すっごい、デッカイ白鳥の剥製がありました。

(背中に乗れちゃうんじゃないか)

という位、でっかかったです。

Z224001500.jpg
こんなイメージ。どこまでもゆけちゃうよ。



講座の前に・・・

こうちょうせんせいのおはなしをききました。

こうちょうしつにはいったのは、はじめでだったので

すこし、きんちょうしました。



校長先生は、精油を嗅いで

『爽やかで、いい香りですね、レモンかな?』

と、言ってくれました。



校長室の壁には、全校生徒の名前と、顔写真が貼ってありました。

『春に撮った写真と、今とじゃ、全然分からない位、成長してる子もいてね』

そう言いながら、苦笑されていました。


校長先生って、子供の頃は遠い存在だったけど

ちゃんと、見ててくれてるんだな

見ててくれてたんだな・・・そう思いました。


精油・・・ホントはオレンジだったけど、そんなのどーでもいいです。

とっても優しくて、朗らかな校長先生でした。



講座の場所は、家庭科室でした。

P1273883.jpg

懐かしー  そんでもって、いい天気ー!

P1273879.jpg

ワタシも初めて学校に入ったわよ。

このヘアースタイルなら、頭髪検査、バッチリだわね。


P1273878.jpg

今回は、人数が20人以上と、たくさんの方がご参加下さったので

少しでも、スムーズに進むように

ムエット紙などで、いろいろ工夫を。


(2時間で間に合うかなー。そこだけ心配。)

と、思っておりましたが

心配なぞ、一切ご無用でした。


サポートしてくださった、係のお母さん方の段取りの、素晴らしいこと!

ワンダフル!!

『お湯沸かしておきましょうか?』

『ムエット紙に精油付けたら、お話のペースに合わせて、皆さんに配りますね』

この、数々の気配りには、心底感心、感動しました。


キチッキチのタイムスケジュールだったハズなのに・・・

15分余ったよ(笑)


おかげで、アロマの伝えたいこと、時間の許す限り

精一杯、伝えることができました。


P1273881.jpg

板書したこと以外のアロマ雑談にも、真剣に耳を傾けてくださり

(いつものごとく、雑談の方が殆どでしたが)

皆さま、どうもありがとうございました。


ずーっと、喋って、動いてたので

写真を撮る暇がなく、残念っ


これまた、あっと言う間に終了した後で

係のお母さん方が、お茶を入れてくれました。

P1273880.jpg

人に入れてもらったのって、美味しいですね。

タルトタタンのレモンケーキも、ウマっ! ごちそうさまでした。




お茶っこしながら、1人のお母さんが言いました。


『先生、今のうちに、思いっきり好きな仕事してくださいね!』


はい、思いっきりします。

お母さん方の、白鳥のように広い、憧れの背中を追いかけて

今は、今の自分ができる事を、思いっきり頑張ります。




お母さんって、やっぱスゴイ。

シェフして

経理して

家事して

子供のマネージャーもして

地域の活動もして

他にも、やること山ほどこなして・・・


お母さんって、凄いよ。

まじ、リスペクト。



わたしの2014年、最初のトリートメントは

ホホバでも、ミツロウクリームでもなく、コレでした。

P1033835.jpg

その名も『ニベアリフレ』


正月、盛岡に帰る日に、母の足をトリートメントしました。


何か滑りの良くなるもんない??って聞いたら

年季の入った、コレが出てきました。


ちょっとイマドキ、ニベアって!とツッコミを入れましたが

使ってみてびっくり。

伸び加減が丁度良くって、すっごいやりやすい(驚)

ニベアさん、鼻で笑ってゴメンなさい。



さすがは、不動のロングセラー。



(昔っから、ニベア一筋の友人さっちゃん。

さっちゃんが大好きなニベア、最高だったよ。)



あまりに使い心地が良かったので、その後、ネットで成分を調べてみたら

あるブログに

『ニベアの成分と、某ブランドの超高級クリームの成分は酷似している』

との記事が。


すごいよニベア。こちらも、まじ、リスペクトっ。




テレビの前、床に座布団敷いて、トリートメントスタート。

ニベアリフレが始まって、5分もしないうちに、母は寝てしまいました。

両手を赤ちゃんみたいにバンザイして(笑)


あまりに深く、眠りに入ったので

そのまま、ハンドもトリートメントすることにしました。


まるまるむくんだ、ニコチンのアロマ漂う、色黒の手指を揉みながら

(豚足みたいだなー)

と思いつつ。

最後に母の手の平を、自分の両手でサンドイッチしたら、

何だか泣きそうになりました。

ごつごつと、ずっと働いてきた手だったからです。


心の中で、

ありがとう。

と言いました。


手を重ね合わせ、そんなこと出来るのも

深い眠りと、触れる仕事に巡り合ったおかげだなー。そう思いました。


ケンカもイザコザも

帰るたんびに、タバコの煙をめぐってのニコチン戦争勃発も

いろいろ多々ありまするが

この人から生まれたってことは、

この人を、わたしが選んで生まれてきたってことなんだろう。


・・・起きてたら、恥ずかしくて出来っこないねー





ちょっと、思い出話して、いいですか?


わたしが小学生だった頃。

今と時代は全く違い、世の中は競争社会でした。

6年の担任の先生は、参観日に生徒42人の成績を、ビリッけつから、1位まで

教室の壁に貼りだす人でした。

学校には体罰も当たり前のようにあったしね。


ある日、母が言いました。

今でもよく憶えています。


『他のお母さん達から、みかちゃん勉強できるねって、ママ褒められた。

けどー ママ、そう言われても、絶対に自慢しなかった。

自分の子供の自慢するなんて、恥ずかしいことだから。


でも、ママ、ホントはうれしかった。

宝石とかネックレスとか、何にも持ってないけど、

みかのこと褒められて、ママ、誇らしかった。』



それ以来、高校卒業するまで

どんなに良い成績を取っても、何を頑張っても

あんまり褒められたことはありません。



おととしの夏だったかな

蛍を見ながら、ボソッと言われました。

『美香、今までよく頑張ったね』

開店してから、初めての言葉。

真っ暗闇で、ベロンベロンに酔っ払いながら(笑)

P7071481_20140203190850edf.jpg


今年の正月。

おんなじこと、言われました。

『美香、今までよく1人っこで頑張ったね』

シラフで、目を見て、しみじみと。


『1人じゃないよ。岩手でいっぱい支えてもらってきたからだよ。』


とんでもなく口の悪い母なのですが

リトルミーのお客さんのことは、『お客さま』と言います(笑)




小さい頃、母が500円のワゴンとかでしか

服を買うのを見たことがありませんでした。


PC053704.jpg

お母さん

今のわたしは、あなたの宝石になれていますか?




子供は、お母さんに喜んでいてもらいたいです。

ケンカしても、何しても

(反抗期に生卵ぶん投げても。ヒドーイ )

子供は、お母さんの幸せが、自分の幸せです。

PC053705.jpg


講座では、好きな香りでお母さんがハッピーだと

子供もハッピー、旦那さんもハッピー

食卓のおかずも一品増えるかも~


皆さんと、そんな話をしていました。


おウチで、いい香りのクリームで、手と手のサンドイッチ

してくれているといいです。




そうそう

今回の講座には、3歳の女の子も参加してくれたのです!

手の甲に、ボールペンでアンパンマンの顔、描かれてました(笑)

アンパンマンも、まじ、神ですね。


お母さんに見守られながら

1人でミツロウクリームも、混ぜ混ぜ。

精油も自分で垂らしたんですよ~(すばらしいっ 天才っ!)

ムエット紙を嗅ぎながら、ニコニコいい匂い~って。

女の子に

『出来上がったクリームに、お名前付けてみようか?』

と言いました。



女の子がクリームに付けた名前は

『ママ』

でした。


ベルガモットと、優しい優しいローズウッド。

ミツロウの甘さと混ざり合って。


こんないい匂いのママだったら、大好きに決まってるよね!

ニコチンの匂いじゃなくって、うらやましいよっ♪




いや~

ウン十年ぶりの小学校。

楽しい時間を過ごさせていただきました。

厨川小学校のお母さんたちは、素敵な女性ばかりでした。


この世にいるってことは、みんな誰かのこども。

この世に産み落とされたってことだけで

それだけで

愛情をもらっている。

思い出すまで、結構掛かったっけなぁ・・・反抗期、長かったね(笑)



おむすびに、ハンバーグ。餃子に、から揚げ・・・

にっぽんの毎日は、お母さんの手で、できている。

世界は、お母さんの愛情で、できている。



お母さん、毎日お疲れ様です

お母さん、バンザイ

厨川小学校・140周年記念、バンザイっ!

P1273885.jpg

みんな、いっぱい食べて学んで、大きくなってね。

誰かが見ててくれてるよ。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/02/05 09:06] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/494-32488df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)