LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

からだのお手入れ帳③『天然の香りでシュッとスー』
 『月のリズムを育む講座』のご案内です。こちら


皆さま、お変わりありませんでしたか??

1234567・・・あぁ、数字オバケが夢にまで出てきそうだったー

アタマから、8って生えてきそうだったー

クチから、9って戻してしまった


ハイっ!そんな数日間を終えたところで

本日は、カシーフレンドリーさんのWEBコンテンツ

『からだのお手入れ帳』3回目のレッスンです。



今月のテーマ

~冬の感染症予防・花粉症対策におすすめ~

『天然の香りでシュッとスー★アロマスプレー』

をご紹介します。


カシーフレンドリーさんのWEB店長・ふみちゃんが

たくさんの写真とともに、レッスンの様子を紹介してくれました!

記事はこちら★です。



今回の日記は、いつも以上に

マジメにお勉強チックにアロマセラピーのこと書きました。

だって、風邪引いてほしくないから。

元気でいてほしいから

ちょっと文章が多くて、読みづらいかも・・です。

興味のある方は、一緒にレッスン・トゥギャザーしてください♪



それではレッスン、はじまり、はじまり~~



★レッスン1回目は、バスソルトでしたね。

『鼻から』・・・・お風呂の湯気と一緒に立ち昇る精油を嗅いだり

『肌から』・・・・お湯に浸かって、皮膚から精油を体に取り入れる方法。


★レッスン2回目は、フレグランス香油。

『鼻と肌から』・・ホホバオイルに溶かした精油を塗って、香りを楽しむ方法。


そして

★3回目の、アロマスプレー。

これはどんな方法かと言いますと

『鼻から』楽しむ方法です。

空気中に精油を拡散させる『芳香浴』 の1つです。


アロマスプレーのいいところは、何と言っても

シュッと簡単に

ソッコー香りを広げることができる


です。

アロマランプや、デュフューザーがなくても、シュッシュッシュッ♪

お部屋や車、玄関、トイレ・・・

様々なシーンや、目的、空間に応じて、香りを選べば


★心には・・・リラックスやリフレッシュ

★体には・・・風邪やインフルエンザなどの感染症予防

        花粉症の症状緩和

★環境には・・香りで空間デザイン


などなど・・・こんな風にいろいろ楽しめますよ。



アロマスプレー作りのポイントは2つ。

①トップノートの精油を主にブレンドすること

②目的別に精油を選ぶこと



①のトップノートという言葉。フレグランス香油の回でお勉強しました。

おさらいです。

★トップノート
最初に匂い立つ、広がる香り。(持続時間約1~2時間)

★ミドルノート
トップノートの次に匂い立つ香り(持続時間約3~4時間)

★ベースノート
時間が経過するほどに匂い立ち、長続きする香り(持続時間約6時間以上)



トップノートの匂い立ちが早いのは、分子が小さくて軽いから。

分子・・・??

難しい言葉だねぇ。この先読むのイヤになっちゃうよねぇ。

それじゃあ、簡単に言ってみよう!

分子は 『香りの粒』っていう風にイメージしてみて♪

香りの粒が小さくて軽いと、空気中に早く飛びます。


極端な例えをすれば、

風船は軽いから、ふわ~っとお空に飛んでいくけど

ボーリングの球は、飛ばないよね。


極端過ぎたね。


話を戻して・・・

アロマスプレーの目的は

素早く空気中に香りを広げること!

だから、スプレーを作る時は

分子が小さく軽くて飛びやすい、トップノートに分類される

柑橘系の精油

ユーカリ、ティーツリーなど葉から抽出した精油が向いていますよ。



次に②の『目的別に精油を選ぶこと』

今回のレッスンの目的は

『冬の感染症予防と花粉症対策』でした。

この時期の感染症と言えば、風邪やインフルエンザですね。

抗ウイスル作用が期待できる香りで、気持ち良く予防しましょう。


【感染症予防におすすめの精油】

・ユーカリラディアタ
(小さい子・体力低下時・お年寄りにも優しい)

・ユーカリグロブルス
(パワーは強いが、刺激も強い。使う量など注意が必要)

・ラヴィンツァラ
(ユーカリよりも少し甘い感じでオススメ!)

・パルマローザ
(イネ科 お花みたいに華やか)

・レモングラス
(イネ科 トムヤムクンとかに入ってるね)

・レモン
(サワヤカ代表。初恋のかほり。免疫UP)

・サイプレス
(ヒノキ科 ホルモンバランスもサポート)

・ジュニパーベリー
(ヒノキ科 サイプレス同様、森林浴みたいな気分に)

・ティートリー
(ユーカリと同じ仲間。空気をキレイにしてくれる)



もうすぐやってくる花粉症の季節には

抗カタル作用
(鼻づまりを溶かしやすくしたり、痰を切りやすくする)

抗炎症作用
(肌や、目のかゆみなどの炎症をおさえる)

ボーっとする頭をスッキリさせる・・・

そんなチカラを持っている香りを。

空間だけでなく、マスクにシュシュっとするのもおすすめです。


【花粉症緩和におすすめの精油】

・ユーカリラディアタ (小さい子・体力低下時・お年寄りにも優しい)

・ユーカリグロブルス
(パワーは強いが、刺激も強い。使う量に注意)

・ラヴィンツァラ
(ユーカリよりも少し甘い感じでオススメ!)

・レモン
(サワヤカ代表。免疫UP)

・ティートリー
(ユーカリと同じ仲間。空気をキレイにしてくれる)

・メリッサ
(レモンバームのこと。アレルギーからくるストレスに)

・ペパーミント
(シソ科 刺激もあるけど、爽快感はNo1。使う量に注意)

・ローマンカモミール
(目のかゆみなどの炎症を和らげる)

・ラベンダー
(心身のバランス 鼻をかみ過ぎちゃった時のスキンケアにも)

・ローズマリー1.8シネオール(頭も、お鼻もスッキリ)


※ローズマリーには『ローズマリーカンファー』というものもあります。

1.8シネオールも、カンファーも、精油に含まれる成分の名前です。

カンファーには神経毒性があるので、選ぶ時は

『ローズマリー1.8シネオール』と表記されている方を選ぶと

普段使いがしやすいですよ。


リトルミーには両方あります。目的に応じて使い分けています。

お気軽に違いを嗅ぎにきてくださいね☆



さてさて、こうして挙げてみると

ユーカリやティートリー、ラヴィンツァラ、レモンなど

風邪予防と花粉症・・・両方に効果的に使える精油がありますね。

お買い物する時に迷ったら

どっちにも対応できる1本から初めてみるのもいいのでは??


個人的に風邪を引かないために、好きで使っているのが

ティートリー。

抗ウイスル作用と抗炎症作用の他に

安全性が高いという点です。


抗菌アロマテラピーの研究者であられた井上重治先生は

『ティートリーは世界中で使っていて

致命的な副作用が出ていない』

とおっしゃっていました。

P2193979.jpg

好き過ぎてティートリーだけ、こんなにでっかくなっちゃったよ



もちろん香り選びは

『この香りが好き!!』 を大切に。

上記に挙げた精油達、ぜひ、参考にしてみてくださいね♪



レッスン当日、カシーフレンドリーのふみちゃんは

鼻炎で全く鼻が効かない

という、コンディション。

香りが選べませんでした(悲・笑)


そんなふみちゃんの目的は

『ぼんやりする頭や鼻をスーッとさせたい』

唯一香りを感じることができた『ペパーミント』を中心に

ふみちゃんに感想を聞きながら

代わりに、わたしがブレンドしました。


『鼻すっきりスプレー』 作り方はこちら

・ローズマリー 4滴

・ペパーミント 4滴

・メリッサ(しそ科) 2滴

・青森ひば 1滴



・・・ペパーミントが多いな。

『ふみちゃん、ペパーミント多くない? 刺激強くない!!?』

『みかちゃん、もっとミントをちょうだいっ!』

『もう、ふみちゃんたらー。刺激、欲しがるねぇ 

ってな具合で

若干、いや、かなりペパーミント多めです(笑)

そんなにシゲキックスが欲しくない方は、ミント控えめでお願いしまっす。



『メリッサ』というシソ科の精油は、別名『レモンバーム』のことです。

おちっこチビるほど、高価な精油なのですが

ハチミツレモンみたいで、美味しそうな香りなのです。

鎮静作用がハンパなく、花粉症でイライラする時には頼りになります。

精油は高いのですが、ハーブの苗はお手頃なので

葉っぱをハーブティーにして飲むのもいいですね。


P1293901.jpg
『六月の鹿』さんの、あったかいリンゴジュース。いい香り、美味しい。。



精油が無かったら、果物やハーブのチカラを借りる。

スーパーに売っている『シソ』だって

花粉症には有効だって言われる、立派な和のハーブだもんね♪


嗅ぐ、吸う、塗る。

の他に

愛でる、育てる、味わう。


無理なく取り入れやすい方法で

植物のチカラを分けてもらえたらいいんだと思います。

植物である野菜を美味しく、

ちゃんとした食事って、やっぱり基本だよなぁ。


P1273886.jpg

前九年の『Cittaチッタ』さんのサラダ。宝石みたいにキレイ。




アロマセラピーだけでは、健康にはなれません。

アロマセラピーだけでは

かかってしまった風邪やインフルエンザをやっつけることはできません。


アロマで治ります。

この精油を買えば、彼氏できます。幸せになれます!

っていうセラピストには、逆に

『あのぉー、アナタに不幸のオーラが見えます。それも超ビッグ。』

冷静な顔して、そう言ってあげましょう。



アロマセラピーの役割は

『予防と緩和』です。


医療費的にも、治療より、予防した方が安上がりだってことは

ハッキリしていますね。

安くて、簡単で、気持ち良く、予防できる。緩和が期待できる。

100%じゃないけれど、正しく使えば

お薬よりは、大きな副作用がない精油。


これからも、アロマセラピーのチカラを

面白おかしく、ハッピーにお伝えできたらうれしいです。


『笑う』も、免疫アップには欠かせない、毎日のエッセンスですもんね。

『温める』も同じ。

心が冷えてちゃ、情熱の炎も消えちゃう。

体が冷えてちゃ、

『おい、藤木。クチビル青いぞ』 って、言われちゃう。

fujiki.gif



P1042170_20140219214548b1c.jpg


健康になることだけが目的じゃない。

健康な心と体に感謝して

どう生きるかが大事、か。。


ナカナカ、ダメセラピストのワタシには、まだまだですが

いいにおい。楽しい。あったかい。

この3つを大事にしながら

そこに向かって

毎日を過ごしていきたいなぁと思います。

PC272128_20140219214632be2.jpg


さぁ、数字との日々が終わり

明日からは、3月の講座に向かって準備です。

3月は、アロマ講座が6回もあります!ワォ。

盛岡3回、遠野市に3回参ります。

参加してくださる皆さまと、元気な姿でお会い出来る様に

さらに、シュシュッと気持ちと、フンドシ引き締めていこー。


何でも、いっこずつ、やっていけばいい。

見えない時こそ、目の前にあること、いっこずつ。

『そこ』に向かって、一歩ずつ。

雪が溶けて、芽が出て。一歩ずつ。

そう信じて、3年9か月。

なんとかかんとか、4度目の確定申告です。

どうもありがとうございました。

PC272127_201402192146326a8.jpg


P1050196.jpg

皆さん、1年で一番寒いこの季節・・・

クチビル青いとモテないぞ!(゜∀゜ )☆

いいにおい。楽しい。あったかい。

で、どうぞご自愛くださいね♪

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/498-17a83028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)