LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

  • 07/22:まい

  • 07/18:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

からだのお手入れ帳④『春の香を風のたよりに』 
昨日はカッパ捕獲、いや、遠野アロマ講座第2回目の楽しかった時間を終え

今日は休日♪♪ でも、あたまのお皿が濡れちゃう雨 ・・´_ゝ` ) フッ

のんびりと日記、2本立てです。

2つのアロマレッスンの模様

リトルミーアロマ講座のお知らせです♪



1つ目は

①『月のリズムを育む講座』の様子。

布ナプや、ベースオイルのことなど、

お役に立ちそうな情報、そうでもないこと・・・てんこ盛りに書きました!

月経を味方にしたい女子必見です!!(大げさ・笑) 記事はこちらです→


2つ目は

カシーフレンドリーさんのWEBコンテンツ、からだのお手入れ帳アロマ編・第4回目

②『春の香を風のたよりに』 練り香水レッスン。

そして、アロマ講座のお知らせ。


カシーさんのWEB店長・ふみちゃんが書いてくれた記事はこちらです。

http://kasi-friendly.shop-pro.jp/?tid=14&mode=f7


ふみちゃんの綴る文章は素敵で、毎回ハッとさせられるんだけど

今回は、特に素敵で・・・

イイ匂いの花に、虫がおびき寄せられるように

わたしは、ふみちゃんの作った練り香水の香りと

素敵な言葉の数々に、まんまと(笑)心奪われてしまいました。


練り香水の基本の作り方レシピと、

ふみちゃんが見つけた春の香り、

タイトルは「すれ違ったら振り向いてもいいよ♪」

コンテンツで詳しく書いて頂いてます。

是非ご覧になってみてくださいね♪



合わせて、今回は、講座を開かせていただきたいと思います。



~春・新しい私をまとう~
『練り香水をつくる講座』


◆ 日 時  3月25日(火) 3月29日(土)の2回開催
 
◆ 時 間  10時30分~12時30分      
   
◆ 場 所  材木町・アロマセラピーサロン リトルミー

◆ 料 金  3,000円

◆ 定 員  各日4名様  

★おかげさまで、29日(土)は満席となりました。

もし、29日(土)14時~でもよろしければ

再度、講座を開かせていただきますので、お気軽にお問合せくださいませ♪

★25日(火)は、まだまだ空いております。

マンツーマンでもやりますのでお待ちいたしております!



お問い合わせ・お申込みは

電 話  080-1691-1777

メール  little.me@docomo.ne.jp 迄です。



練り香水は、アルコールの香水に比べて香りが穏やか。

ケースもかわいくて、人ごみやオフィスでも楽しめます。

そっと指にとって、まとう仕草も上品で素敵。

お体だけじゃなく手紙や封筒の裏に塗って、香りに乗せて思いを届けるのも

おすすめです。

重いコートを脱ぎ捨て、軽やかな春の香り、見つけてみませんか?




今回は、精油を贅沢に5%濃度で作ります。

当日は、写真のような、銀色のメタル缶と小さなクリーム容器

2つのサイズを作って、お持ち帰りいただきます。

images1BA6V2HA.jpg
10ml缶

P3014030_201403111303599ff.jpg
5mlクリームジャー


もし、使いたい容器がありましたら、ご持参くださいね♪

その際は、メタル缶とクリームジャーはお持ち帰り頂きます。

P3014028.jpg

わたしは、3年前にカシーさんで買った

フェアトレードネックレスが入ってた、アルミ缶を使いました。


A4ABA4E9A4C06-3.jpg

今回は練り香水だったので、精油の香りを活かすために、

匂いを取り除いた、白い精製ミツロウを使いました。


ハンドクリームの場合は、ミツロウの保湿や炎症作用を味わいたいので

黄色い未精製を使っています。


精油を溶かす基材も

用途によって、使い分けると、また違った発見がありますよ♪



①ミツロウとホホバオイルを一緒に溶かします。

P3014025.jpg

これも3年前に買ってた、オイルウォーマー。

いっつも鍋とかで湯煎してたので

こんなオシャレなもん、持ってたことすら、忘れてました。


もちろん、溶ければいいので、レンジでチンでもいいです。

オシャレなカシーさんのコンテンツなので、

オシャレに使ってみました。


結果、湯煎よりすぐに溶けて、超便利でした!

P3014026.jpg

②溶けろよ~ 溶けろ~よ~ 

(燃えろよ、燃えろ~よ~ キャンプファイヤー風に)


P3014029.jpg

③器に注ぎます

④好きな精油を入れて、竹串で混ぜ混ぜ・・・

⑤固まってくると、表面がデコボコになっちゃいますが、

 ドライヤーの「弱」で炙って溶かして、均すと綺麗に仕上がります。

 調子に乗って「強」でやると、周りに飛び散る可能性があるので、

 加減しながら、やってください。


★ポイント

精油を入れてから、器に注いでもいいですが、

その際は、ミツロウが熱すぎて

せっかくの香りが飛んでしまわないように、注意です。

P3024031.jpg

⑥ハイ、出来上がり♪


かーわーいーいーーーー♪♪♪ (゜∀゜ )


ふみちゃんは、持っていた陶器の空きクリームケースでつくりました。

お互いの出来上がった練り香水の姿を見て

『こんなのポーチから出てきたら、女子力高しっ!』

乙女のハイテンションで、大いに盛り上がりました。




私・新しい春の香り 『きぼうの花束』

・メリッサ   1滴

・イランイラン 2滴

・ローズオットー3滴

・マンダリンオレンジ 5滴

・パルマローザ 2滴




オイルベースの香油も

アルコールベースの香水も

オイルとミツロウの練り香水も

手作りフレグランスは、時間が経つほど、香りが馴染んできます。


精油は混ぜてすぐは、100%完璧にイメージ通りじゃないかも?と感じても

それぞれの香りが馴染んでくるとしっくりくることがあります。

最初の精油選びのインスピレーションを大切に熟成させてみてくださいね。


冬の間、春を待ちわびるように

待つ時間もアロマテラピーの楽しみです。



香りは、もう一枚の洋服みたいですね。

衣替えの季節、

軽やかな、春色ワンピースみたいに、ふんわり、ふわり。

P3134171.jpg

ご一緒に、花咲く春の香りに出会えるのを、お待ちいたしております♪

スポンサーサイト
コメント

お疲れ~(((^^;)

練り香水やりたい~やりたい~
ぢょしりょく上げたい~(((^^;)

個人レッスンしてけろぢゃ~


なかなか春来ないけど元気にしてるかな?
うちのわらはんど、インフルエンザなってまったよ~
仕事柄、うつらないように必死な母ちゃんだけど、わらはんどにくっつけないってこんなにツラいもんかと痛感してるとこ
[2014/03/13 19:24] URL | ようこ #- [ 編集 ]

Re: ようちゃんへ
ようちゃん、お疲れ様~i-179

2人ともインフルかぁ・・・かわいそうにi-241

盛岡も、3月になって、また流行ってるよ。
自分以外の家族みんなが感染してしまって
ようちゃんと同じでうつらないように、1人頑張ってるお母さんがいるよ。

ようちゃんと、子供たち、スキンシップ大事にしてたもんね・・・

早く治るといいな。治れー 治れー!!!

こんな時、どこでもドアがあったらさ、ようちゃんが寂しくないように

個人レッスンしに行くのにさー

ようちゃん、いっぱいまま食って、ぬぐだまってね!


[2014/03/14 11:57] URL | リルミー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/502-3415190c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)