LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

夏休み、終わりました
夏休み、終わりました。

遅っ!!(笑)

皆さん、大変ご無沙汰をしておりました。

2学期突入、一気に寒くなりましたが

風邪など引かれていませんでしょうか。


わたしはと言いますと・・・

8月いっぱい、青森に居りました。

そして岩手に戻ったと思ったら、娘が初めての熱を出したり・・・

よーやく、リズムが戻ってきたところです。


実家に帰ったら

ゆっくりあの方へこの方へ、手紙を書きたいな

そんでもって

いい御身分で

のんびりコマメにブログを更新して過ごすわ~

なんて、思っていましたが

そう甘くはなかった・・・


娘っこの成長がスバらしく!

後追いがはじまり

目の前から居なくなると、戻ってきて抱っこするまで泣き続けるし

恐れていた夜泣きも、ついにスタートしちゃったりして

ばあちゃんもお手上げ状態

ご飯を食べることはおろか、トイレに行くのもままならない

てんやわんやな夏休みを過ごしておりました。


もうさー、母ちゃんアラフォー突入なんだから

ちょっとは美容に気を遣って、寝かせてよーーー

あなたも、将来参観日に行った時

『あれ?あゆみちゃん家はおばあちゃんが来てるの?』

って、お友達に言われたくないでしょ

と、0歳の赤ん坊に訴えても、それはムリな話で。


なんか、久々のブログなのに

自分の劣化に対するグチになってしまいましたが

時に、若返りと痛み緩和のローズマリー

時に、アンメルツヨコヨコのチカラを借りながら

何とか元気でやっております!


お店が無くなって、青森に帰ってきて

正直、あまロスならぬ

『材木町リトルミーロス』

な感情も、無かったと言ったらウソになります。

それだけ、あの場所に全てを懸けてやって来たということですが。

夏なのに

スッキリの晴れ間と

寂しさの雨の

ちょうど中間

もんや~り曇りの日になっちゃう時もありました☆


そんな中で、元気をくれたのは

やっぱり、リトルミーで出会った方々からのメールでした。

『アロマの香りが、トリートメントが恋しいです。』

『岩手に帰ってきたら、会いましょう!』

・・・泣いちゃうよ、もう(涙)

お店が無くなっても、こうして繋がれること

ありがたいです。

精油のご注文も、ありがとうございます。

配達を口実に、堂々と出かけて(笑)

そして、お顔を見れるのも、嬉しいです♪



もんやりの日々のなかで、夏と言えば!の

この姿にも元気をもらいましたヨ。

P8295720.jpg

家の畑の向日葵です。


よそ様の庭に咲いてた、背丈の小柄な向日葵、イイなぁって思って

ダイソーで種を買って植えたら、3メートル位になった。


完全に品種、間違えた。


ここまでデッカくなるハズじゃ無かった。

と、母が言っておりました。

・・・袋の表示、確認してから買いなよっ



明日の予定が無い。

朝起きて、顔を洗って、さて、今日は何をしよう。

別に取り立てて、することもないのだけれど。

24時間体制の育児以外は

何をしたわけでもなく、あっと言う間に1日が終わる。

そんな毎日を送った8月。

P8295724.jpg

洗濯物が、夏の日差しで、あっという間にカラッと渇く

スーパーマーケットに行って、今晩の献立を考える

庭に育った野菜を収穫し、すぐに料理ができる豊かさ


『地味なこと。だけど、毎日を生きるって、こんなこと。』

そして、それは

たいせつなこと。なんだなーって。

朝早くから、二日酔いでも(笑)黙々と畑の草取りをする

母親の姿を見て思いました。

P8295723.jpg

トマトの赤が、宝石みたいに綺麗でした!


月末の家賃や支払いの心配をしなくていい夏休みは

個人事業主になって以来、8年ぶりのことでした。

マグロのように、止まると死んでしまう体質の自分に

隣でバンザイして寝ている、小さいホタテガールが

人生の夏休み、くれたんだなーと思いました。

なんせ

『板谷さん、80、いや90歳まで、働きますよ』 って、

今盛岡で、最も予約の取れないカリスマ占い師さんに言われたんだから

そりゃ、ちょいとブレーキかけないと、この先50年持たないか(笑)

P8235705 - コピー
穴があったら、顔、入れちゃうよね。


3メートルの向日葵たちに交ざって

一本だけ、小さなのが咲いていました。

P8295726.jpg

自分の場所で、小さな花を、堂々と咲かせていました。

P8295728.jpg

ペースを落としたら、見えるものが。

そんな夏休みでした。



そうそう!

25年ぶりの同窓会ですが

お世話になった担任の先生は

小さな中学の校長先生になっていました。

先生は昔から義足だったのですが、金八先生みたいに熱血で。

そのパワーは健在で、とっても幸せそうでした。

結婚して、お子さんが3人。

先生、超若い奥さん・・・ヤッタネ!良かったね!!


嬉しい再会がたくさん。

そんな中

保育園、小学校、中学校と一緒だった男の子が来ていたのですが

『板谷は今、何やってるの?』

と、聞かれて

『アロマセラピスト』

そう話したら

『アハハハ、らしいなぁ~』

穏やかに笑って、そう言いました。

3歳からの幼い自分を知る人が、そう言ってくれたことが

続ける勇気もらったというか

何だか・・・とても嬉しかったです。


そして、そして 初恋の君ですが・・・

素敵なままでしたよ~♪

好きな仕事に就いていました。

『運が良いのかなー』

照れながら、そう話す姿は

クラス全体を明るく照らしていた、あの頃の太陽、そのまんまでした。

ハゲ上がってなくて、良かった!(笑)


みんな、それぞれを生きていました。

仕事で来られなかった人

育児で来られなかった人

天国へ旅だって、来られなかった同級生もいました。

みんな、それぞれ、いろいろあるみたいだったけれど

こうして25年ぶりに、元気に再会できたことは

考えてみたら

それだけですごい奇跡だなって。

青春時代に戻って、トキメキの時間でしたよ。

女性ホルモンも、久々にいっぱい出た気がしました(笑)

また会える日まで、元気でいるべしねー



出産後、里帰りした3月

田植えのために、田んぼには水が張られ

P5055307.jpg

半年が経ち

稲はすくすく、緑色の絨毯に。

P8295719.jpg

どんな時も、季節はうつろう

おんなじ状態は、ずっと続かない

流るる 流るる


2学期も、自分の場所で

小さくとも 誇り高く、それだけは忘れず

お日さまの方を向いて、歩いてゆこう

さぁ 顔上げて♪

P8295721.jpg

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/572-a94561ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)