LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 10/28:リルミー

  • 10/27:yuu

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

記録日記、2年目。
娘が2歳になった。

1歳から今日まで、この1年で変わったこと、たくさん。

まずは・・・哺乳瓶を卒業!荷物がグンっと減った!

言葉を話すようになった。

ようやく歯が生えた。

ご飯は相変わらず小食。

でも、代わりに

お菓子や、アイスの美味しさを知ってしまったね。

そして

四つんばいから、二足歩行へ!!

なんという素晴らしい人類の進化。


この1年で

あーちゃんは、1人で歩けるようになった。


歩けるようになってからは

好奇心のままに、すぐにどこへでも行ってしまう。

ヨチヨチ何度転んでも、そんなのお構いなしに。

『あぶないよ!』

『ちょっと待って!!』

この言葉を、1日何十回言ってたかな。

危ないよ。

1人で行っちゃダメだよ。

ママと手を繋ぐんだよ・・・。



小さな時期は、あっという間に過ぎ去って

日に日に成長していく。

大きくなっていく。


本の中で、こんなことを言っていたお母さんがいた。

『もしも、願いが1つだけ叶うなら

小さかった頃のあの子に、もう一度だけ会いたい』

頭でも心でも

この尊い時間を十分承知して

毎日を過ごしてきたつもり。



その一方で

ほんとうは、やりたいことがあったのに

自分の人生から目を背けて

(あなたがいるから、わたしの人生はこれでいいんだ。)と

子どもを言い訳にするのだけは、やめよう。

決めていた。


そんなの、この子に失礼だから。

子どもは、そんなの、ちっとも望んではいない。

幼かった私は、母の姿を見て、そう思って

申し訳なくて、悲しかったから。


親、子、どちらかだけじゃなくって

一緒に

心から、笑って生きていきたい、それだけ。




ほんとうに、すぐに、大きくなってしまうんだ・・・

(早く、早く。)

思ってた。

早く1人でゆっくりカフェに行きたい

早く自由に学びに行きたい

早く夜中に起きないで、朝まで眠りたい

早く、早く、早く。

あっという間の、尊い時間だって、分かっていても

思ってしまう時があった。

ばかだな

勝手な親だ。

ほんとうに、あの子は

この1年で、大きくなった。

驚くほどのスピードで成長していった。



いつの日か、自分の足で

進む時が来る。

どんなに心配でも

行かないで、って思っても

その手を離さなければならない日が来る。


春から保育園が決まった。

一年前から自分で申し込んでたくせに

心配で心配で、胸がぎゅうってなる。

やっぱり勝手な親だ。


離れられないでいるのは

本当は、私の方だったのかもしれない。


この春は

『いつか来るその日』のための練習の、第一歩だ。

頑張るあなたに恥ずかしくないように

わたしも、わたしの人生を頑張るよ。

いつか自分の二本の足で歩んでいく

その日が来たら

あなたが安心して

元気に年とった母ちゃんの手を離せるように。


DSC_0064_20170302121711629.jpg



今から、そんな心配して、バカみたいだけれど

今から、イメージして

練習しておかないとダメになっちゃうくらい

貴方の存在は

私の中で、あまりにも大きく、

なのに居てくれるのが当たり前で

どうしようもなく

ホント、どうしようもなく。

オーマイエンジェルなのさ。


CIMG6592.jpg


どんな人生が幸せかは、あなたが決めることで

わたしが決めることじゃない。


ただ、いつまでも、勝手に

幸せでいてくれと、願わせてほしい。


お誕生日おめでとう!

生まれてきてくれて、ありがとう。

やっぱり、これ以上に伝えたい言葉はないや。



傍にいても

離れていても

幸せを願っているよ。

これからもずっと

あなたを見守れる、この幸せを許してよ。


抱きしめて、手を握ってと言われたら

何歳になったって

懐かしい香りと温もりで

全力であなたを包み込むよ。

スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/03/16 10:48] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/642-ee9575ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)