LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月盛岡市材木町にて
リラクゼーションサロン
『LittleMeリトルミー』OPEN
2015年6月産休のため、一時閉店
現在、家事育児の中、
アレコレ試行錯誤しながら
新たなアロマ道を探している旅の途中です♪

活動場所
岩手県盛岡市、その近郊
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 04/19:リルミー

  • 04/18:ミホコ

  • 04/05:リルミー

  • 04/05:わかくさ

  • 03/24:リルミー

  • 03/23:ミホコ

  • 03/19:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

時にはこんな朝
今朝は仕事前に少し寄り道です。目的地はこちら。

DSC02759.jpg

本日まで開催中の『百瀬寿』展へ。

DSC02763.jpg

今日はヒートテックでも追っつかない位、寒い朝でしたね。

DSC02761.jpg

美術館周辺もすっかり秋を通り越して冬の気配です。

DSC02748.jpg
震えながら小走りでいざ館内へ。

DSC02760.jpg

磨き上げられた床に、高い天井。いかにも美術館と言った感じの雰囲気、いいですね。久々です。

以前、ここのレストランで友人達に誕生日を祝ってもらったことがあります。
もうかれこれ4,5年前になるでしょうか。それ以来です。

『百瀬寿』さんの作品は『描かれざる絵画』と評されるように、
色のぼかしだけで構成される『色彩のグラデーション』をテーマとした『版画作品』です。
想像出来る様で出来ない。何を感じるんだろう?自分にわかるかなーと思いながら作品の前に・・・。


様々な色が並ぶ中で、わたしが心惹かれた色は『藍色』『バイオレットに近い赤』

『夜空』 と 『夜明け』
正反対の様で、実は一つ。夜と朝。裏と表。ちゃんと繋がっているもの。

良い時もあれば悪い時もある。けれども逆もしかり・・・。

『どんな分厚い雲の上にも青空はある。明けない夜はない』

こころに留めています。


はじめはこんな風に色から『自然』を想像していたのですが、作品を見ていくにつれ、違う感情が芽生えてきました。

パステルカラーのグラデーションに囲まれている時、リトルミーに来てくださるお客さまのことが浮かびました。

特に胸に止まったのが
"Square―Between Green and Red"という1983年の作品。

自分の好きなトリートメントの世界に似ています。
右のピンク色の部分にお客様の体温を感じました。

前からトリートメントをしている最中、色んな色をイメージする癖があります。
精油にも自分なりに描いているイメージカラーがあるからでしょうか。

『海のブルー』 『桜の桃色』 『夏の夜空』 『草原のグリーン』・・・

時々、お客様と一緒にそこへ行っているような気分でマッサージしているのかも、です。
(国内外、勝手に色んな場所へ連れて行ってしまっています(笑))


思わず作品のピンク色の部分10センチ程離れた場所から手をかざしてみました。
トリートメントしている時みたくて、手がじわ~っとあったかくなってきました。

『エヘへ気持ちいい~』

完璧自分の世界に入って浸っていると、作品に手を触れていると間違えられて怒られました(ヒドイ・・・)まぁ、怪しい人だと思われてもしょうがないのか??

昨日オレンジの精油を買ってくださった、親子連れさんのことも思い出しました。
精油の瓶を持つ4歳の男の子の手が、とてもしっかりした良い手に思えたのでお伝えすると

『この子の握ってくれたお握り、とっても美味しいんです。すごくふわっとしてて・・・』

嬉しそうにそう話すお母さん。4歳でお握り作ってくれるんですね~。いいなぁ~♪
あんな手で握ってくれたお握りなら、空気をふんわり含んで愛情たっぷりでしょうね・・・。食べたい♪


『色』から『大切な人』を想像する。。。『あの人は何色だろう』


美術館のチケットを下さったM様、おかげ様で凄く気持ち良い一日の始まりとなりました。どうもありがとうございました。



出入り口にある売店がこれまたツボでして、素敵なカードやコーヒーカップ、etc・・・本もたくさん♪

その中で『絶対に買う』そう思った絵本に出会いました。

樋口一葉が余裕で飛んでいってしまう値段・・・けれども欲しいです。

なんて言いながら財布を見たら本日の所持金300円でした。ワォ


顔洗って出直してきます。美術館巡り、この冬ハマってしまいそうな予感です。
スポンサーサイト

コメント

こっちも今日は寒いよー。
明日は一番の冷え込みになるんだとか・・・。

私もこの美術館、社員旅行で行った~(笑)。
造りがシンプルで見やすくて、クラシックでいい美術館だなぁって思った。
それに引き換え、こっちのあの美術館は・・・。
何回迷子になったか!

まぁそれはいいとして(笑)、百瀬寿の作品は前の仕事で扱ってたんだよ。
社員の間では「ももちゃん」と呼ばれてました(すいません)。
強い原色の版画なんだけどグラデーションがなんとも不思議な感じで、2畳くらいの作品もあったんだけど決して派手にはならないんだよね。
すごい重くて腰をやられそうになったけど(笑)。

20センチ四方くらいの小さい作品は1~2万くらいで前の職場では売ってたので、頑張ればお店に飾れる日も遠くないかも!?

今日は寒いので、そちらで買ったハーブティー頂いてるよ♪
風邪引くなよー。
[2010/11/23 21:49] URL | mio #vIXFS59k [ 編集 ]

Re: mioさまへ
『ももちゃん』・・・結構渋いおじ様でしたよね?(笑)
『あおもり犬』見たくなったよ。今度帰ったら青森県立美術館絶対行くよ!

1~2万円かぁ。もしあったらまず電子レンジを買うよ。超現実的ですまないねぇ。
けど今1番欲しい物は『ウォシュレット』なんだよ・・・
キラキラジュエリーよりもウォシュレット。(両方だと尚うれしいね)相変わらず色気ナシ!です。

でもウォシュレット、サンタの靴下に入らないよね?伸びきっちゃうよね。
mioの編み物技術であんなモノでもラクラク入っちゃう靴下編んでほしい。

そっちもそろそろ雪降ってくると思うはんで、じゃん!とまがなって歩いてねー。
[2010/11/23 22:25] URL | リルミー #- [ 編集 ]

懐かしい~♪
レストランでお誕生日会をした頃の私たちはまだ若かったね~♪
懐かしいことを思い出させてくれたので、ちょっとコメントしてみた(笑)

また近々伺いま~す(*^_^*)
[2010/11/23 23:50] URL | ねね(ゆずママ) #PxEcC2rs [ 編集 ]

ねねさまへ
まだバリバリ若いYO!あの頃からわたしたち全然変わってないわよ!(笑)
若いもんには負けないよ。ってこんな風に言ってる時点でダメか!?
スクールに通ってる最中は、未熟なわたくしによくぞボディをあずけて下さいました。どうもありがとう。
あれから4,5年・・・。まだ修行の身ですが、またいつか実験台になってくださいましi-179
[2010/11/24 01:24] URL | リルミー #WtnCt31U [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/71-b70a2e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)