FC2ブログ
LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 08/13:まい

  • 05/31:リルミー

  • 05/31:リルミー

  • 05/30:ミホコ

  • 05/30:遊

  • 05/19:リルミー

  • 05/18:わかくさ

検索フォーム

QRコード

QR

『あったかい』ってのは、それだけで。
30度の夏日から一転、

とても、とても寒い盛岡です。



少し前のお話です。

今日みたいに、肌寒い日のことでした。


その日は、朝から、もの凄いどしゃ降りで。


ご予約のその方は

徒歩か、自転車だと分かっていたので

メールを送りました。



『凄い雨です。

どうぞご無理なさらないでくださいね。

キャンセルでも、もちろん構いませんので。』



そしたら



『入院中から、ずっとサロンに伺えるのを、

この日を楽しみにしていたので。

大丈夫ですよ。

タクシーで行くつもりでしたから。

お心遣い、ありがとうございます。』

と。





玄関を開けて

サロンに足を踏み入れて

一番最初に、話された言葉が


『わ~、あったかい』


でした。




トリートメントが終わって

お茶を飲みながら

話された言葉も


『カラダがポカポカ、あったかい』


でした。





母と同じ年代の方にトリートメントする時、

ふわっと、お肌から

母に似た匂いを感じる時があります。


年代別に感じる匂いって、ある気がします。




好き勝手生きてきた、親不孝なワタシは

気が付くと

代わりに

どこか、親孝行をさせてもらう様な

そんな気持ちで、お身体に

触れさせていただいてる時があります。





トリートメントしながら感じる

そのお肌。

その温度。


冷たい体が、だんだん、あったかくなる。


それは

生きている証。


冷たいも、あたたかいも

生きていればこそ。






また、お会いできて、良かった。


元気になってくださって、良かった。




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



世界中を

バイク1つで旅行した知人が

昔、こんな事を言っていました。



『空腹や、泊まる宿が無い。

旅には、色んなツラいこともあったけど

雨に降られて

ずぶ濡れで

寒くて、寒くて、どうしようもなかった時が

一番辛かった。


人間ってさ、寒いと、本当に心が折れてしまう。

寒いってのは、一番、人を弱らせるんだよ。




50か国以上を旅して来たその人の台詞には

妙な説得力があって。



ほんと、そうだ。





元気がない時は


あったかいご飯と

あったかいお風呂

あったかい布団。


そこに

誰かの

あったかい手があれば


今日あった大抵のイヤなことは忘れて

眠れそうな気がする。




3歳の子供でさえ

湯船に浸かった瞬間

『あ~、あったかーい』

って、極楽な顔、するもんなぁ





ほんと

『あったかい』ってのは、それだけで。



DSC_2366.jpg




この間

この場所にはじめて

お腹の中にいる赤ちゃんが来てくれました。


そっと手で撫でたら

お腹の一点だけが

びっくりするほどに

あったかくて。


きっと、心臓。

ハートだと思った。




トリートメントが終わって

お母さんが

お腹を触りながら言いました。



『まだ、胎動とか、感じなくて

でも、今日、ハッキリ分かりました。


確かに、ここに居るんだって。

赤ちゃん、ここに居るんだって。


そう思った。』




命のあったかさ。



わたしも、計り知れない程のエネルギーを

分けてもらった気がしました。


無事に産まれてきますように・・・。





生きていく中で

こころが、からだが冷えてしまったら

また、ゆっくり

あたためなおしていけばいい。



生きていればこそ。

何度でも、あたためなおせる。






明日も、寒いみたいです。

ここ数日は、20度前後の様ですね。


梅雨間は

体温、ちょいと乱れやすくなります。


みなさんも

どうぞ、あったかくして

ご自愛くださいね。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/763-c6f39153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)