LittleMeリトルミー日記
アロマセラピー・リフレクソロジーサロン
ホームページはこちら

プロフィール

リルミー

Author:リルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト


コメント~ラブレターのお返事

  • 09/19:リルミー

  • 09/17:ミホコ

  • 08/08:リルミー

  • 08/06:まい

  • 08/03:リルミー

  • 08/02:tocco

  • 07/24:リルミー

検索フォーム

QRコード

QR

MY FIRST AOMORI
本日青森新幹線が開通しましたね。

『盛岡-東京間』 が繋がったのが1991年、16歳セーラー服の春ですから、それから19年・・・もう着れない。
随分、本当にずいぶん長いこと、じらされましたね・・・。

わたしが幼い頃、北の玄関口は『上野』でした。

高度経済成長期、青森から集団就職で夜行列車に揺られ到着するのが上野駅。

そしてお正月に出稼ぎから帰ってくる父のお土産のにおい。

両手いっぱいの紙袋。その紙袋を開けた時のにおいが、わたしにとっての『上野駅』のにおいなんですね。

帰ってきてくれて嬉しいけど、またすぐに寂しくなる・・・。師走のアメ横の騒がしい感じのにおいも少し混ざって、なんだか胸がサワサワする感じを思い出す『上野駅』はあまり好きではありませんでした。

けれども、先日東京に行った際、電車を降り過ごし、思いがけず上野で下車。
イメージすっかり変わってましたね。ブランドのお店も色々入っていて『何だ~。結構楽しいじゃん』(単純)


長い冬、春の到来を待ち焦がれる本州最北、青森の人々にとって、この新幹線開通もまた同じように、本当に特別なものでした。



ビードロ
青森県伝統工芸品 『津軽びいどろ』

『ガラスは北で輝きを増す』 北欧もそうですが、北の風土に暮らす人々にとって、ガラスは第二の太陽だったのかも知れない。
そんな言葉を教わりました。

先日秋田角館へ行った際、ふらっと入ったお店で見つけました。
『津軽びいどろ』を初めて見たのが5年前。その時からお店を持ったら使おう!と思っていたので、コレは巡り合わせと思い、即購入。

こんな風に使いたかったのです♪
ビードロ2
『オイルをブレンドするときの受け皿として』


色、形は5種類ほどありましたが、選んだのはこのピンク。
どことなく『桜』のイメージがしたのです。

『弘前城のお堀に浮かぶ桜の花びら』にも似ている気がします。
1208-top.jpg
『無料写真 ~青い森の写真館より~』

ちょっとした事なのですが、これから盛岡も雪が降って、ますます冬になっていくので、お店に来た時に少しでも春っぽい明るい気持ちになっていただけたらな~と思い、どうかなと。


角館

角館2

春になったら『角館』のこの長い長い川沿い全て、桜の花で満開になるのだそうです。


春よ来い
この小さくて地味な蕾が、あの綺麗な花を咲かせるのですね。

その花を見に来る頃、自分はどんな事を思い、どんな風に過ごしているのだろう。
満開!とまではいかなくても、今年蒔いた種が少しずつ芽をだし、小さな花が咲くといい。

新幹線も待ちに待って本日開通まで四半世紀。焦らず、ブレることなく、誰かの心にぽっと花を、時にはお水を。そんな店、そんな自分に育っていくように。

皆さん、青森、地吹雪で下から雪が降りますが、年に数回泣きそうになりますが、とってもいいとこですよー。
良かったら 『MY FIRST AOMORI』 色んな青森を感じにいらしてくださいね




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://littleme530.blog135.fc2.com/tb.php/82-c92304bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)