FC2ブログ

『せい』ではなく、『きっかけ』です


清水町のサロンを閉めよう。


最終的に

そう決心したのは


確かに

隣の建築工事が

引き金になった部分は

大きいのですが



工事の騒音や

地盤の傾き。


同時に


建築に伴って

両隣のコインパーキングが閉鎖して

駐車場が足りなくなったこと。




不都合な条件が重なりましたが


閉めようと思ったのは


それらの『せい』

ではなく


工事は、ただの

『きっかけ』


だったんだと。


そう感じています。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【バランスを取り直す】


バランス。

公と私。


仕事と子育て

時間のバランス

加齢とカラダの変化

収支のバランス・・・



色んなバランスを

取り直していく時期に

差し掛かったのだと思います。





わたしの周りでも

出産をし、産休を経て。


または


介護や

自分の病気等で

一度、職場を離れ


再び復職した友人、知人が

います。



みんな女性です。



みんな

バランスの取り方に悩み

考え

それぞれに決断をして。



転職をしたり

就労条件を交渉したり。

仕事を辞めたり。



ベストな方法も

選択も

1人1人違うけれど


一番良いやり方

幸せになれるやり方を求めて


変わることを恐れずに

選択した人達を

見てきました。






自分も

復帰して、2年半。


やってみて

去年辺りから

(見直しをしなくてはならないな)

と、感じてきていた部分は

ありました。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

『守り、守られる場所』


それでも

なかなか、新しい選択の一歩が

踏み出せなかったのは



ここがあまりにも

気持ちのいい場所だったからです。



ここが

良い場所だったから。




わたしにとっての

良い場所というのは


新しいとか

オシャレとか

利便が良いとかの

基準以上に


一番にくるのは

そこが


『守り、守られる場所かどうか』


という感覚でした。





この清水町のサロンは

自分が自分でいられるという

感じがしました。


頭もクリアになれました。




意外かも知れませんが


温泉サロン

材木町サロンと来て


この清水町サロンが

一番、自分自身が

落ち着いて

トリートメント出来たのです。




静かで

あたたかくて


光と風と水があって

空と緑がどこまでも広がって。



光と風は

香り選びを

サポートしてくれます。



手も精油達も

喜んでいる気がしました。





私自身が守られている場所。


それは、イコール


ここに来てくださる

お客様を守れる場所。



だということです。




裸になって

裸足になって

お身体をあずけてくれる。



産まれた時の姿なのです。



だから


守るだなんて

おこがましいのだけれど


セラピーの間って

どこか

そんな気持ちなのです。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【材木町を閉める時と同じ感覚】


6月の末に突如

【この敷地内で建設工事が始まります】

という知らせを聞いて


同時に

隣の駐車場も

閉鎖することになった時



ふと

材木町サロンを閉めよう

決心した時と

同じような感覚が

胸をよぎりました。




(もうすぐ、ここは、終わりなんだよ。

心の準備をして。)



そんな声が聞こえた気がしました。



↑ やべぇー奴ですか?(笑)





でも

ほんと、いい場所だったから

そんなすぐ

決心なんて簡単につかなくて。



そんなこんなで

悩む日々でしたが



来てくださるお客様が

『工事の音なんて、もう、子守歌よ~』

なんて(笑)

また優しいこと言ってくださって。




(音なんて、建築終われば無くなるし

大丈夫なのかな・・)

(講座も毎日じゃないし

駐車場問題も、どうにかなるのかな)



また、悶々と。





けれども

何だろう?


この、

きっとここはもう終わりなんだ。

という

根拠のない感覚は。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【 『せい』ではなく、『きっかけ』 】


そうこうしているうちに


サッシが歪み始めたり

お風呂のドアもガタついたり


とうとう


台風の日に

玄関ドアが閉まらなくなりまして。



ビー玉転がしてみたら

途中から、勢いづいて転がって。

(笑)


傾いていることが判ったのです。



(やっぱり、ここは、お終いなんだ。)



やっと、気持ちが固まりました。





いつも、何かをスパッと

決められない

優柔不断なのです。


強くないのです。



だから

神様が


これでもか~!という風に

合図を送ってくれる時が

ある気がします。






今までだって

この先だって


いつだって


何かのせいではなく

すべては

自分がどうしていくか。






工事のせいではありません。


これから先に進む

これからを変える

きっかけ、だったのだと思います。





『せい』ではなく

どうしたいのか。




アロマを続けていく。




そう簡単には

強くもなれないし


ままならないことも

あるけれど



生きているからこそ、

変化する。




死んでしまったら

変化も

匂いすらも

止まってしまうのだから。





大袈裟なのだけれど

帰路に立った時は

いつも

そう思っています。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【長く続けられる方法はどっちか】


アロマを始めたのが30歳。


60歳の還暦まで

続けられたら

すごいなぁ。


なんて思っていました。


来年、45歳。

折り返し地点です。




今、この清水町サロンを

閉める。

閉めない。



アロマセラピストを

長く続けられる方法はどっちだろう?




考えたときに


この場所に

一度、区切りを付けて


長く走れる方法を

探してみよう、と。




今まで

短距離走ダッシュで

来たような気がします。





去年から少しずつ

更年期症状も始まってきました。



心と魂の乗り物である

体っていう愛車。



・・・44年乗ってるんだな。

(笑)



労わって

メンテナンスしながら

乗り続けていかなきゃ

いかんですね。




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【もう、追われるな】


夏の誕生日に

帰省した時

産んでくれた人の顔を見て

土地を感じて


満月眺めながら

考えました。


(どうして生まれてきたんだろう)


答えは


(幸せになるため)


でした。




わたしは

リトルミーに来てくださった方と

アロマセラピーをしている時

幸せです。




香りを嗅いだり

触れ合ったり

学び合ったり。





母に言われました。


『もう、追われるな。

歳を考えて。

色んなものに、追われ過ぎるな。』




母は、割と若い頃から

更年期症状が酷く重かったのです。


寝込んだ姿を見てきました。




今まで、母の言うことを

聞かずに来ました。


進学も

職業も

好きになる相手も

開業した土地も。



でも

この

『追われるな』

という言葉を聞いた時


初めて

耳を傾けてみよう。


一度くらい

言うことを聞いてみようか。


そう思いました。





 
時間、家族、お金、体の変化・・・

女性は色んなものに追われますね。



けれども

楽しいことを見つけることも

得意ですね!




それぞれが

幸せだと感じられるものを

見つけられたら。





その中に


たくさんの選択肢の中の

ひとつに


アロマセラピーがあってくれたら

嬉しいな、と

思って、続けています。


続けていきたいです。




令和2年も、続ける。

そして

整える!

(笑)




また新しい道を

探していきたいと思います。



何か進展がありましたら

またここで

綴らせていただきます。




最後まで読んでくださり

どうもありがとうございました。


(長すぎて

 秋の夜長、明けちゃったかも・笑)



ご縁あって

ここに来てくださった方に

感謝を込めて。



2019.11 LittleMe

Comment

非公開コメント

ホームページはこちら
プロフィール

リトルミー

Author:リトルミー
2010年5月から5年間
盛岡市材木町にて、サロンを営んでおりました。
2年半の産休を経て
2017年8月1日
盛岡市清水町にて、再びサロンオープンの運びとなりました。

住所:岩手県盛岡市清水町14-2ラ・メゾン・モリオカ101号室
定休日:日・月曜
営業時間:10:00~16:00
電話:080-1691-1777

日々の『思・感・触・見・香・・・』色々と。

リスト

コメント~ラブレターのお返事
  • 11/09:リトルミー

  • 11/09:ミホコ

  • 09/19:リトルミー

  • 09/19:遊

  • 09/17:リトルミー

  • 09/17:遊

  • 09/09:リトルミー

検索フォーム
QRコード
QR